最新の墨汁マガジン

イーサリアムの今後に影響するコンスタンティノープルの実装分析

コンテンツの概要
文字数 : 約18,000文字
ページ数 : 約24ページ

イーサリアムはコンスタンティノープルハードフォークでの実装EIPを決定し、2018年末に実装を予定しています。このコンスタンティノープルはメトロポリスのPt.1で現在のビザンチウムの後半となる実装となっており、イーサリアム2.0の開発を並行しているためか、実装するEIPは5つとなっています。
本稿では予定として含まれるはずだったCasper FFGとEthashのハイブリッドPoSのEIP-1011が含まれなかった理由の考察や、実装されるEIPのイーサリアムネットワークへの影響を詳しく解説。
後半では最終的にネットワークが移行するPoSのCasperへのアプローチと、マイニング報酬を2ETHへ減少させるEIP-1234とEIP-858の経済効果とセキュリティ面の詳しい解説を行っており、中期から長期にかけてのイーサリアムの経済モデルとその効果を把握することで投資へと活かすことができます。

コンテンツの主題
ETH経済
価格影響
実装と影響
目次
  • 1.イーサリアムのロードマップ
    • 1-1.繰り返される実装時期の誤解とその理由
    • 1-2.コンスタンティノープルの時期が明確にできない理由
    • 1-3.今後のハードフォーク周期とディフィカルティボム
  • 2.コンスタンティノープルの内容とその影響
    • 2-1.EIP-145ビット演算の算術シフト
    • 2-2.EIP-1014 0xf5:CREATE2
    • 2-3.EIP-1052 0x3F:EXTCODEHASH
    • 2-4.EIP-1283(EIP-1087の改良)
      • 2-4-1.SSTOREのガスコストの問題
      • 2-4-2.TheDAOハックのリエントランシー攻撃とその対処
      • 2-4-3.Dirty Mapの保持と実装互換性
      • 2-4-4.新しいガスコスト計算方式の例
  • 3.イーサリアムのインフレーションモデルの問題
    • 3-1.インフレ率から見る経済
      • 3-1-2.イーサリアムとビットコインの経済モデルを比較する
      • 3-1-3.EIP-1234とEIP-858の経済効果比較
    • 3-2.合意形成分散化の重要性
    • 3-3.マイニング効率向上とPoS移行の問題
  • 4.PoS移行に際し、インフレ率を調整する理由
    • 4-1.Casperの遅れている理由とインフレ率
      • 4-1-1.EIP-1011とバリデーター
      • 4-1-2.インフレ率と関係する攻撃リスク
  • 4-2.Casper移行後のインフレ率とセキュリティ
  • 5.結論と考察
*ここから先はオンラインサロン会員専用です