墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

by 墨汁うまい

最新のリサーチレポート

【2024年6月最新】仮想通貨(暗号資産)エアドロップの狙えるプロジェクトとやるべき優先タスク

2023年は仮想通貨(暗号資産)のエアドロップファーミングの全盛期と言え、2024年6月に多くのプロジェクトがTGEを予定しています。一方で2024年にはいってからもzkSyncやLayerZeroに続く多くの有望プロジェクトが控えており、エアドロップの期待値が高まっていると言えるでしょう。 本稿では資金調達額やその他バックグラウンドからエアドロップ

【非エンジニア向け】HeavyLoadで発行できないエアドロップされたSTRKトークンを発行するやり方

高額エアドロップとなったイーサリアムL2のStarknet(スタークネット)のSTRKトークンは、公式が提供するUIでは「The website is under heavy load. Please try again in a few moments.」やエラーで発行できないバグが続いています。 Starknet Foundationはこの問題に対処する様子がなく、エアドロップを受け取ったユーザーは自分でコントラクトからSTRKトークンをClaim(発行)する必要があります。 本稿では非エンジニアの仮想通貨(暗号資産)投資家向けに具体的なSTRKトークンの発行手順をわかりやすく解説を行います。

人気記事ランキング

人気仮想通貨用語辞典

イーサリアムの”LayerZero(ZRO)”とは”オムニチェーン・インターオペラビリティ・プロトコル(Omnichain Interoperability Protocol)”であり、イーサリアムの巨大エコシステムにおける”複数チェーン総合運用性プロトコル”を指す。LayerZeroの主な特徴としては直接的なCross-Rollupブリッジなどのサービスも提供しているが、主に”Bridge as a Service”として20を超えるDeFiやNFTプロトコルに統合されている。
 
LayerZeroの概要 LayerZeroはLayerZero Labsによって開発されており、主にイーサリアムL2及びPolygonやAvalancheなどのEVM経済圏間のブリッジを提供するStargate(スターゲート)やRadiant CapitalやSuhisSwap、OmniBTCなどの中間プロトコルとして多くのプロジェクトに統合されている。
公式サービスとしては
・アプトスブリッジ(Aptos Bridge)
・ビットコインブリッジ(Bitcoin Bridge=BTC.b)
・テストネットブリッジ(Testnet Bridge=ETH Goerli Bridge)
・USDCブリッジ (LayerZero x Circle)*2023年7月現在デモサービス終了
を提供している。
2023年7月現在、LayerZeroはA16ZやParadigm(パラダイム)、Binance(バイナンス)などから1.71億ドルを資金調達している。
 
LayerZeroの仕組み LayerZeroの仕組みとしてはrenBTCを発行するrenVMのようなミドルチェーン方式ではなく、Orbiter Financeのようなライトノード形式を採用しており、”Bridge as a Service”としてライトノード方式の欠点をクリアしDeFiやNFTプロジェクトが統合しやすいようにUltra Lite Node(ウルトラ・ライト・ノード=ULN)方式を独自に採用している。
 
LayerZeroのZROトークン LayerZeroでは2023年7月現在まだガバナンストークンは発行されていないが、ZROトークンの発行が公式より示唆されており、LayerZeroのサービス及び統合しているDeFiやNFTを利用するユーザーにエアドロップが期待されている。
 

サロン概要

墨汁うまいによるイーサリアム、DeFi、ビットコイン、アルトコインの投資とトレード、インターネット上では見れないような税金や規制の話、開発やマイニングまで幅広くカバーするコミュニケーションサロンです。従来のFacebookベースのコミュニティではなく、墨汁うまいとリアルタイムで情報共有できるクローズドコミュニティやサロン会員限定のマガジンやリサーチレポートなど、本サロンならではの内容となっています。テクニカル分析だけでなく、実際にDeFiなどで運用してリサーチを行った解説や、仮想通貨(暗号資産)の仕組みを知ることで投資、資産運用のスキルを上げていく場です。
サロンオーナープロフィール
墨汁うまい
フォロワー数:71,965
投資家/リサーチャー/ライター/
墨汁うまい(@bokujyuumai)は仮想通貨(暗号資産)だけでなく、金融市場のトレーダー、リサーチャー、ライター。2016年より仮想通貨市場に参入し、8年に渡ってイーサリアムのリサーチや解説を行っている古参であり、2度の仮想通貨バブルを経験。 渡英経験を活かし、X(旧Twitter)では英語の一次ソースをいち早く入手し厳選したニュースの解説や速報を配信。2024年5月現在のフォワー数は約7.2万人を誇る。また経営者として2017年から法人トレーダーとして運用しており、経営や税制などにも詳しい。常に仮想通貨市場の第一線に身をおいており、年々変わる仮想通貨市場やブロックチェーン事情に対応して新たな道を切り開いている。 これまでに日経トレンディ、ダイヤモンド・ザイ、FLASH、週間スパなど10冊以上の雑誌での取材を受けており、X(旧Twitter)では見られない内容を語っている。 取材:億り人が密かに狙う「爆上がり」暗号資産「イーサリアム」をわかりやすく解説(https://smart-flash.jp/lifemoney/143599/)