最新の墨汁マガジン

人気仮想通貨用語辞典

DeFiとはイーサリアム上でコントラクトを介して行う非中央集権な金融、Decentralised Financeの略称を指す。DeFiでは担保やレンディング、流動性マイニングやイールドファーミング、DEXでのコントラクトを使用しての売買やレバレッジなどイーサリアム上で多用な運用をすることができる。DeFiのはじまりは2018年よりイーサリアム上でUSDCなどのドルに裏付けされたステーブルコインが次々にローンチされ、これらのトークンをコントラクトで安全にレンディングを行うことができるCompoundのローンチや、世界初のコントラクトにより管理される非中央集権ステーブルコイン”DAI”を発行するMaker DAOの人気高騰により一般的となったワード。
また2020年にはCompoundがガバナンストークンである$COMPをローンチしたことで、さらに火が付きCurve FinanceやUniswapなどの流動性マイニングをベースにしたDEXと、LPトークンをステーキングして収益を得るイールドファーミング、The DAOの完成形と名高いコントラクト投資信託のYearn Financeなどにより、イーサリアムネットワークのガス代が800倍にまで高騰をした。
この背景にはイールドファーミングでの年利100%を超えるものも少なくはなく、流動性マイニングでも年間利回り50%などが未だにあることが人気の秘訣と言えるだろう。
ビットコインは本来コントラクトを使用することはできないが、WBTCやrenBTCなどのイーサリアム上でビットコイン裏付けのトークンを発行することで、Maker DAOの担保にしたりレンディングや流動性マイニング、イールドファーミングなどを行ってDeFi上で運用することが可能となっている。
2020年10月にはDeFi上に900万ETHがロックされ、イーサリアムの総発行数の8%を超えるATHを樹立。同年11月にはDeFi上のロックされている資産が1.5兆円を突破し、わずか1年で28倍となった。

新着仮想通貨用語辞典

テンバガー(または10バガー)とは主に株式において使用される言葉で、株価が10倍または900%高騰した銘柄やなりそうな期待値の高い銘柄などを示す。仮想通貨においてのテンバガーは珍しくなく、ボラティリティが非常に高いため短期間でテンバガーを達成する通貨は多い。特にDeFiなどは非常に顕著であり、Yearn FinanceのYFIなどがあげられる。
イーサリアム価格は2020年のコロナショックで1万円以下に下落し、2021年1月4日に1年足らずでテンバガー銘柄となった。テンバガーの由来はファンドマネージャーとして有名なピーターリンチ氏が「One Up on Wall Street」で使用したためとされている。バガーはBaggerを意味し、塁打を表すため10塁打を記録するような勢いでの高騰を比喩している。
CMEとはChicago Mercantile Exchangeの略で、米最大手デリバティブ取引所を指す。CMEはビットコイン先物を2017年12月に上場し、2020年12月16日にイーサリアム先物の上場を発表した。イーサリアム先物の上場予定は2021年2月8日となっており、上場を行うためにはCFTCの承認が必要となる。
CMEは2020年1月にビットコイン先物のオプションを開始し、ビットコイン先物のヘッジなどさらに複雑なトレード戦略を展開することを可能にしている。ビットコイン先物の1コントラクトは5BTCとなっており、イーサリアム先物は30ETH単位となっている。
CMEは米株のS&P500の先物や日経平均225など幅広く先物を提供しており、さらに一般投資家が取引しやすいE-miniなどを提供しており、非常に高い出来高を誇る。CMEの取引時間は日本時間月曜午前8時から土曜午前4時までとなっており、冬季時間では1時間後ろ倒しとなるので注意。
スポンサードリンク
イーサリアムのENSとはEthereum Name Serviceの略で、2017年5月にローンチされたイーサリアム版DNSのことを指す。イーサリアムアドレスはコントラクトアドレスもEOAも0xからはじまる16進数で表されており、人間にはかんたんに記憶したり判断することは難しいといえる。ENSはDNSと同様にこれらの問題を解決することを目的にしており、0x12345678~というアドレスを”ethereum”という人間が認識しやすい文字列で表すことが可能となる。
当初のローンチは2017年3月だったが、重大なバグが2つ発見されたことで2ヶ月後に正式ローンチされた。ENSはオークション形式で落札されており、2017年5月25日に行われた「darkmarket.eth」が28,555ETHで落札されたことも有名である。
当時は約7.3億円相当で落札されたdarkmarket.ethだが、現在のイーサリアム価格で換算すると約18億円相当となる。この価格がついた背景では、当時ダークマーケット最大手のAlphabayがイーサリアム支払いを採用したことが理由となっている。
ENSの仮想通貨取引所の対応は、Bitfinexが2017年7月19日に対応しており、2019年6月にCoinbaseがウォレットにENSを統合している。
BLS署名とはBoneh–Lynn–Shacham署名の略で、イーサリアム2.0のBeacon Chainから採用された新たな署名方式を指す。イーサリアム1.0で使用されている署名方式は楕円曲線DSA(通称ECDSA)であり、両署名ともに楕円曲線のある点を利用し、署名が確実に署名者によるものであることを検証することができる。
イーサリアム2.0ではBLS署名はECDSAより署名サイズが小さいのに強いセキュリティを持つという特徴を利用し、Casper FFGのバリデータの署名によるフォークチョイスルールのために採用されている。イーサリアム2.0に採用されているBLS署名では、Zcashが2017年に設計したBLS-12-381楕円曲線を採用している。
イーサリアムレガシーチェーンの大型アップデート”ベルリン”では、EIP-2537としてBLS署名をプリコンパイルコントラクトとして実装される予定となっている。この実装により、32ETHステーキング時の消失やETH1とETH2とのブリッジなど、イーサリアムとイーサリアム2.0の連携性を高めることが可能となる。
Hybrid Casper FFGとはイーサリアム2.0において当初実装される予定であったCasperのコンセンサスアルゴリズムの一つを指す。Hybrid Casper FFGは2018年4月20日にEIP-1011でイーサリアム発明者のヴィタリックにより提案され、バリデータとなるための最低ステーキング数は1500ETH、Epochは50ブロックとし、次に1000ETHに引き下げられたが最終的に実装はされなかった。
Hybrid Casper FFGの名前の由来として、イーサリアムレガシーチェーンにファイナリティをCasper FFGにより付与するというものであり、CasperとEthashのPoSとPoWのハイブリッドコンセンサスモデルであるからだった。Hybrid Casper FFGでは新しいブロックの生成をマイナーが担当し、イーサリアムブロックチェーンのファイナリティをHybrid Casper FFGコントラクトによって決定するというコンセプトであった。
Hybrid Casper FFGが実装される変わりにイーサリアム2.0フェイズ0となるBeacon Chainでは32ETHをステーキングし、イーサリアムレガシーチェーンと平行したシステムチェーンとなるCasper FFGが実装され、2020年12月1日に開始される。
ETH1とはイーサリアム2.0と比較してイーサリアムのレガシーチェーン、つまり2020年11月現在稼働しているイーサリアムネットワーク、またはレガシーチェーンのネイティブトークンの$ETHを指す。ETH1はイーサリアム2.0側から見た視点であり、ステーキングをする際にエンドポイントとしてETH1ノードを必要とする。
ここにおけるETH1ノードとは、GethやNethermindなどイーサリアム1.0クライアントでイーサリアムブロックチェーンを同期し、ネットワークに参加しているコンピュータを指す。
Goerliとはイーサリアムのテストネットであり、MedallaやPyrmontなどのイーサリアム2.0テストネットのベースレイヤーとなっている。GoerliテストネットのネイティブトークンはETHではなく、価値を持たないGoETHとなっており、デベロッパーやイーサリアム2.0のステーキングテストを行う場合に必要となる。
Goerliはイーサリアムのテストネットとして使用されていたRopstenが2017年にDoS攻撃を受けたことで、2019年1月31日に新たなイーサリアムテストネットとしてローンチした。RopstenがProof of Workを採用しているのに対し、GoerliはProof of Authorityを採用している。Goerliはイーサリアム1.0クライアントのGethやNethermind、OpenEthereumなど複数のクライアントで参加することができるマルチクライアントテストネットとなっている。
Prysmとはイーサリアム2.0のクライアントの一つで、Prysmatic Labsが開発を行っているメジャークライアントの名前を指す。PrysmはGoerliテストネット上にイーサリアム2.0の初となるα版テストネット”Sapphore”を2019年5月7日にローンチし、シングルクライアントテストネットとして32GoETHをステーキングしてテストを可能とした初のクライアントである。
その後トパーズテストネットを経て、NimbusやLighthouseなどPrysm以外の複数のクライアントが参加するマルチクライアントテストネットがローンチされ、イーサリアムファンデーション公式のMedallaテストネットのローンチ後、Pyrmontテストネットが公開された。
2020年12月1日のイーサリアム2.0 Beacon Chainの起動に伴い、32ETHをステーキングしてバリデータとして参加するためにはPrysmなどのイーサリアム2.0クライアントを使用することが前提となる。
イーサリアム2.0のエンドポイントとは、Gethなどでイーサリアムのブロックチェーンデータを同期しているETH1のノードを指す。イーサリアム2.0のステーキングにおいて、ETH1のエンドポイントはBeacon Nodeを起動するため必要であり、GethでFast同期するかInfuraなどでイーサリアムメインネットのエンドポイントを用意しなければならない。
エンドポイントはBeacon Nodeの起動に常に必要であり、イーサリアム2.0でバリデータとしてBeacon Chainに参加するために32ETHをステーキングする前に用意する必要があるので注意。
バリデータとはイーサリアム2.0において、Beacon ChainやShard Chain上で新たなブロックをスロットに提案したり、アテステーションを行いCasper FFGのコンセンサスに参加するノードを指す。イーサリアムレガシーチェーンではPoWのEthashが採用されており、ブロック生成はマイナーが行うためGPUリグを組む、またはASICを購入するというイーサリアムネットワーク外の投資が必要である。対してイーサリアム2.0のバリデータでは32ETHをローンチパッドを介してデポジットコントラクトににステーキング(デポジット)することでバリデータとして登録することができる。
2020年12月1日にイーサリアム2.0がメインネットでスタートするため、最大でバリデータ報酬として年間21.6%を報酬として得ることができる。32ETHステーキング後にバリデータとしてイーサリアム2.0に参加するにはPrysmなどのETH2クライアントをインストールした後、GethなどでETH1ノードを建て、Beacon Nodeとバリデータノードを起動しなければならない。またバリデータはイーサリアム2.0のコンセンサスに常にオンラインで参加しなければならず、そうしない場合バリデータペナルティを受けてスラッシュされるため注意
イーサリアム2.0とはイーサリアムファンデーションが目指すワールドコンピュータの完成版となるネットワークバージョンであり、次世代のイーサリアムを指す。2020年11月現在はイーサリアムのネットワークバージョンは1.0でありETH1などと表現する。イーサリアム2.0ではマイニングが必要なレガシーチェーンとは別にシステムレイヤーとなるBeacon Chain、トランザクション送金を行うShard Chain、各Shard Chainごとにコントラクトを実行するための次世代EVMであるeWASM、指数関数的Shardなどが今後実装されていくことになっており、5年以上のリサーチと開発が行われている。
2020年11月5日にデポジットコントラクトがイーサリアムメインネット上にデプロイされ、11月24日に335億円相当の524,288ETHがローンチパッドを介してステーキングされた。これによりBeacon Chain起動条件である閾値の524,288ETHを超えたことで、2020年12月1日にイーサリアム2.0フェイズ0の開始が確定となった。
イーサリアム2.0では、最終的に現在のイーサリアムネットワークの128倍以上の処理能力を持つブロックチェーンにおいて最大規模のワールドコンピュータとなる。
デポジットデータとはイーサリアム2.0のステーキングにおいて、ローンチパッドを使用してデポジットコントラクトに32ETHをステーキングする際に必要となるファイルを指す。デポジットデータを生成するには、イーサリアム公式のCLIアプリをGithubからダウンロードし、Keystore作成時に同時に生成される。
このデポジットデータがないと32ETHのステーキングをローンチパッドで行うことができず、バリデータとしてBeacon Chainに参加することができない。メインネットとGoerliテストネットのGoETHでデポジットデータは異なり、Pyrmontテストネットに参加するにはメインネットとはKeystoreとデポジットデータを生成しなければならない。
Infuraとはイーサリアムのインフラプロバイダーであり、イーサリアムノードやエンドポイントなどのデータをAPIなどで提供するイーサリアムベースのプロジェクト。イーサリアム2.0のステーキングにおいて、Gethで自分でETH1ノードを建てずにInfuraを使用してメインネットやGoerliテストネットのエンドポイントを利用し、Beacon Nodeを起動することが可能となっている。
2020年11月11日、InfuraがGethを最新版にアップデートしていなかったことで、マイノリティフォーク側にいたInfuraのサービスが一時数時間停止する事件が起きたことがある。そのためイーサリアム2.0にバリデータとして参加する場合、Beacon Nodeを起動できないなどの可能性があることから、GethなどでETH1ノードを建てることが推奨されている。
バリデータノードとはイーサリアム2.0において、32ETHステーキング後にバリデータとしてBeacon Chainに参加するために必要なイーサリアム2.0のノードの1つを指す。Beacon ChainのノードであるBeacon Nodeに対し、バリデータノードはネットワークにバリデータとして参加するために起動しておかなければならないノードであり、バリデータノードが起動できないとCasper FFGのペナルティによりステーキングしたETHが少しずつペナルティを受けていき、最終的にスラッシュされることになるため注意。
イーサリアム2.0のPyrmont(ピルモント)テストネットとは、2020年11月18日にローンチした最終マルチクライアントテストネット”Medalla”の次のテストネットを指す。Pyrmontテストネットでは、イーサリアム2.0Beacon Chainの仕様v1.0.0が実装されており、11月5日にレガシーチェーン上にデプロイされたデポジットコントラクトから参加するイーサリアム2.0メインネットと同じ仕様となっている。
32ETHをステーキングすることでバリデータになることができるが、PrymontテストネットではGoETHをステーキングすることでメインネットと同じ環境をテストすることができるという利点がある。
イーサリアムのテストネットとは、イーサリアムネットワークと同様の実装を行っているものの、コントラクトや32ETHステーキングなどのテストを行う並行した別ネットワークを指す。テストネットと異なり、ETHに投資価値があり売買されているネットワークをメインネットと呼ぶ。
イーサリアム1.0レガシーチェーンのテストネットではGoerliやRopsten、KovanやRinkebyなどがあり、これらのテストネット上のETHは売買されていないので価値はない。イーサリアム2.0のテストネットにはMedallaテストネットなどがあり、MedallaはGoerli上のイーサリアム2.0のテストネットとなる。
テストネットでバグなどを探しコントラクトのテストを行うことで、多額の資金を使用してメインネットでテストを行う必要がないという利点があり、テストネット上で致命的なバグが起きたとしてもETH価格には影響しない。
スポンサードリンク
イーサリアムのGoETHとは、イーサリアム1.0マルチクライアントテストネットのGoerli上のネイティブトークンであるGoerli Etherを指す。投資資産やコントラクトを動かすガスとして価値を持つETHとは異なり、テストネット上のGoETHであるため価値は持たない。
GoETHを入手するにはGoerliでマイニングを行うか、GoETHのファウセットなどが必要となる。イーサリアム2.0のMedallaテストネットなどでバリデータとして32ETHステーキングテストを行う場合、32GoETHを変わりに使用する。
DeFiにおけるLPトークンとはLiquidity Providerトークンのことで、UniswapやCurveなどの流動性マイニングを行う場合のLPのポジションを表すトークンを指す。イールドファーミングではこの流動性マイニングのLPトークンをガバナンスコントラクトなどにステーキングすることで、$UNIや$CRVなどのファーミング収益を得ることができる。
LPは流動性提供者のことであり、LPトークンはその流動性提供者が流動性マイニングを行っていることを示すトークンであるという違いがある。
DeFiのLPとは、Liquidity Providerの略で日本語にすると流動性提供者、つまりUniswapやCurveなどのイーサリアムDeFi上で流動性マイニングで報酬を得ることを指す。LPが行っている流動性マイニングのポジションをLPトークンと呼ぶ。
イーサリアム2.0のMedallaとは、Goerliテストネット上に展開しているイーサリアム2.0のマルチクライアントテストネットを指す。イーサリアム2.0のクライアントであるPrysmやNimbus、TekuやLighthouseを使用してイーサリアム2.0のステーキングやバリデータをテストすることができるテスト環境。
Medallaにおける32ETHステーキングは、売買されているイーサリアム上のETHではなく、GoerliテストネットのGoETHを使用する。Medallaマルチクライアントテストネットから、32ETHステーキングをやりやすくするための”ローンチパッド”が実装され、メインネットでステーキングするのと同様のテスト体験をすることが可能となった。
Medallaは2020年8月4日にローンチし、イーサリアム2.0のデポジットコントラクトが正式にデプロイされる前のテストを行う重要なマルチクライアントテストネットとなった。2020年11月18日にローンチしたPrymont(ピルモント)テストネットにより、Medallaは放棄されている。
ダークノードとは、イーサリアム上でrenBTCなどを発行するrenVMをセキュアに保つノードを指す。ダークノードとしてrenVMに参加するにはイーサリアム上で発行されているrenVMのネイティブトークンである$RENのうち、10万RENをステークすることでなれる。ダークノードはrenVMが保有するビットコインの秘密鍵を知ることはなく、renVMをセキュアに保つことで報酬を得ることができる。
 
renVMとはrenBTCなどのビットコインをイーサリアム上でWrapされたステーブルコインとして発行するためのバーチャルマシンのネットワークを指す。renVMはRenダークノードにより分散してセキュアに保たれており、MPC(Multi-Party Computation)をベースに開発されている。renVMがダークノードによって運用されることで、ビットコインから気軽にrenBTCを24時間365日発行することができる。
DeFiで利用されるrenBTCとは、イーサリアム上で発行されるビットコインを指す。renBTCはWBTCと同様に、ビットコイン価格と1:1となるように発行され、ダークノードによって非中央集権で運用されているrenVMによって自動で発行されるのが特徴。WBTCがBitGOのような企業が行うカストディアンなのに対し、renVMは非中央集権で発行されている。
renBTCの特徴としてWBTCよりも早い発行が特徴であり、renBTCからビットコイン上のBTCへのUnwrapも容易にできる。Curve FinanceやUniswapのような流動性マイニングやイールドファーミングでrenBTCは使用されており、ビットコインに不労所得などのインカムゲインをもたらす利点がある。
2020年11月現在、2万renBTCが発行されており、renVMはその2万BTCの裏付けのビットコインを保有している。
イーサリアム2.0のスラッシュとは、主にバリデータがBeacon Chainの登録から除外されることを指す。またバリデータペナルティを受けて32ETHステーキングされた賭金からペナルティとしてETHが没収されることを表す場合もあるが、このようなペナルティはPartial Slashingというバリデータペナルティの分類が正しい。
フェイズ0のBeacon Chainにおいて、スラッシュされたバリデータはイーサリアム2.0のコンセンサスに参加することができないため、バリデータ報酬を得ることはできない。イーサリアム2.0のCasper FFGにおいてペナルティを受けてスラッシュされないためには、Beacon Nodeとバリデータノードを正しく起動し、Beacon Chainでのネットワークにバリデータとして常に参加しておく必要がある。
デポジットコントラクトとはイーサリアム2.0(ETH2)において、Beacon Chainのバリデータとして登録するために32ETHをステーキングするコントラクト。イーサリアムのレガシーチェーン上にデプロイされ、ステーキングされたETHはBETHへと変換される。イーサリアム2.0フェイズ2までは1wayバーンとなる。
2020年11月5日、イーサリアム上にでデポジットコントラクトがデプロイされ、Beacon Chainへの32ETHステーキングとバリデータ登録が開始された。デポジットコントラクトのアドレスは0x00000000219ab540356cBB839Cbe05303d7705Faとなっている。コントラクトであるため、直接32ETHを送金してしまうとステーキングではなく資産をGOXするので注意。デポジットコントラクトへの32ETHステーキングはローンチパッドを介して行われる。
デポジットコントラクトへのステーキング後、バリデータとしてイーサリアム2.0に参加するにはBeacon Nodeとバリデータノードを起動しなければならない。
イーサリアム2.0のローンチパッドとは、32ETHをステーキングするためのETHホルダー用のUIを指す。2020年11月5日にデポジットコントラクトが正式にイーサリアムメインネットにデプロイされたことで、ローンチパッドもメインネット版が同日に公開された。ローンチパッドの公式URLは「launchpad.ethereum.org」となっており、32ETH盗難を目論むスキャムに注意。メインネットのほかにもマルチクライアントテストネットであるMedalla用のローンチパッドもあるため、Mainnetと表記されているかをしっかり確認する必要がある。
Beacon Chainとはイーサリアム2.0の最初期段階であるフェイズ0のCasperを採用したPoSチェーンであり、イーサリアム1.0レガシーチェーンとCasperチェーンの整合性を保つ、バリデータの管理チェーンを指す。レガシーチェーンとは別レイヤーとなり、バリデータのETHステーキングを管理し、悪意のある攻撃などを検知した際にステーキングされたETHの没収などを行うシステムチェーンである。
2020年11月5日、デポジットコントラクトがイーサリアムメインネットに正式にデプロイされ、Beacon Chainの起動が最短で2020年12月1日、日本時間21時にセットされた。32ETHをデポジットコントラクトにステーキングすることで、Beacon Chainにバリデータとして登録でき、イーサリアム2.0全体のバリデータ数に応じて年間のバリデータ報酬が変動する。Beacon Chainの基本最大年間報酬は21.6%となっており、バリデータ参加数によって変動するモデルとなっている。
Beacon Chainが起動するには524,288ETH以上がステーキングされる必要があり、最低バリデータ数は16384となる。Beacon Chainに参加するノードをBeacon Nodeと呼ぶ。
流動性マイニングにおけるインパーマネントロスとは、UniswapやCurveなどの流動性プールにおいて一時的に受ける損失のことを指す。流動性マイニングを行う場合、ETHやUSDCなどのステーブルコインなど1種類以上のトークンをコントラクトにデポジットするが、このペア間のポジションに起因する。
対義語はインパーマネントゲインで、一時的な流動性マイニングのポジションによる偏りで利益がでることもある。インパーマネントロスの状態で流動性プールから引出すと、その損失が確定してしまう。スワップにおける出来高が十分にある場合、インパーマネントロスは基本的に無視できる。
イーサリアムDeFiの$COMPとは、Compoundのガバナンストークンであり、イールドファーミングの元祖を指す。Compoundは2020年6月16日にCOMPをローンチし、レンディングしているユーザーとCompoundで借入を行っているユーザー両者ともにCOMPの配布を開始した。
Compoundユーザーはレンディングの収益を得られると同時に、COMPでファーミング収益を得ることができる。COMPはCompoundが取り扱うERC20トークンの投票などを行うことができる。
イーサリアムDeFiのファーミングとは、ETHやUSDC、DAIなどでイールドファーミングを行い収益を得ることを指す。主に流動性マイニングとは別となり、Curve FinanceのCRVやUniswapのUNIなどを収益として得ることをファーミングと呼び、「ファーミングする」などとして動詞として活用されている。
2020年のCompoundのガバナンストークン$COMPがローンチされるまでは、イーサリアムDeFiにおいてファーミングという言葉は存在しなかった。
スポンサードリンク