最新の墨汁マガジン

仮想通貨用語辞典 あ行

・アトランティス(英:Atlantis)とは・・・

イーサリアムクラシックが計画しているネットワークアップデート。イーサリアムが2016年に実装したスプリアスドラゴンと2017年のビザンチウムをイーサリアムクラシックに統合するというもの。

・アノマリー(英:Anomaly)とは・・・

相場におけるアノマリーとは説明できない事象を指す。ビットコイン相場において、過去の相場を繰り返したり特定の月に暴落暴騰したりするアノマリーが存在する。

・アーカイブノード(英:Archive Node)とは・・・

すべてのイーサリアムブロックチェーンデータを保有するフルノードに対し、過去のステートをすべて記録したノード。2019年3月現在2.37GBを越えており、State Rent導入が待たれる

スポンサードリンク

・インフレ(英:Inflation)とは・・・

本来インフレとは、物価が上昇することを指しますが、仮想通貨ではビットコインなどのプロトコルによって強制的に供給が減らされていくことで、需要>供給という状態を作り出すことを指す。

・イーサリアム1.0(英:Ethereum1.0)とは・・・

イーサリアムのネットワークベースバージョン。セレニティがイーサリアム2.0となるので、現在のEVMとOPCODE、イーサリアムネットワークのセキュリティに裏付けされたトラストレスなスマートコントラクト、Oraclizeを使用した乱数などを外部から取り込む基礎的なイーサリアムネットワークを指す。

・イーサリアム2.0(英:Ethereum2.0)とは・・・

イーサリアムの完成版となるネットワークバージョン。2019年4月現在はイーサリアム1.0であり、イーサリアム2.0ではマイニングの必要なレガシィチェーンとは別にBeacon Chain、Sharding、各ShardごとのeWASM、指数関数的Shardなどイーサリアム1.0の数千倍の規模のワールドコンピュータとなる。

・イスタンブール(英:Istanbul)とは・・・

イーサリアムのネットワークバージョン名でメトロポリスに属する予定。2019年中に実装が予定されている時期大型アップデート。イーサリアムASIC対策のEIP-1058が実装される可能性があり、現在実装が予定されているEIPはEVMや処理の内部的なマイナーアップデートとなる。マイニング報酬の減少については、現時点では検討されていない。

・インフレ率(英:Inflation Rate)とは・・・

プロトコルによって決まっている新規発行割合と市場供給数の割合

・イーサリアム1.x(Ethereum1.x)とは・・・

イーサリアム1.0からイーサリアム2.0へと移行する準備段階のネットワークバージョン。主に2.0で導入予定であったeWASMなどを先行実装を予定しており、State RentやIPFS(またはSwarm)などを実装し、フルアーカイブノード問題などに対処する。

・ウィンクルボス兄弟(英:Winklevoss Brothers)とは・・・

映画ソーシャルネットワークで一躍有名となり、ビットコインで億万長者となった。2014年にウィンクルボス兄弟は機関投資家の対応も考えた取引所Geminiをローンチ、2017年にはビットコインETFでビットコインを10万円から30万円まで押上げた。

・ウォレット(英:Wallet)とは・・・

ブロックチェーン上で保有しているネィティブ通貨(例:イーサリアムのETH)を保有している銀行通帳のような財布。秘密鍵で署名して送金し、仮想通貨では通常誰でもウォレットのアドレスを知っている人は残高、及び送金履歴、送金に関わったウォレットを検索することができる。Zcashのように一部完全匿名なものもある。

・噂で買う(英語:Buy The Rumors)とは・・・

相場は”噂で買って事実で売る”のエントリーフェイズ。ウォールストリートの古い原理が語源と言われ、相場でよく見られる。

・ウェッジ(英:Wedge)とは・・・

チャートパターンの一種で、トレンドの終盤に見られる。

スポンサードリンク

・エスクロー(英:Escrow)とは・・・

リップルレジャーの機能の一つで、条件付してXRPを特定期間ロックアップできるコントラクト。リップル社が保有する600億XRPのうち、550億XRPを2017年5月にロックアップし、10億XRPごとに55のエスクローコントラクトを作成した。2017年末から10億XRPごとにエスクローがアンロックされていくため、1年に120億XRPが放出されることになる。

・エントリー(英:Entry)とは・・・

ポジションを持つこと

・オリンピック(英:Olympic)とは・・・

イーサリアムのネットワークバージョン名でVer.0。2015年5月9日に公開されたイーサリアムのプロトタイプバージョンとなる。トランザクションやEVMの動作などのストレステストが行われた。

・オンライン(英:Online)とは・・・

イーサリアムやビットコインなどのノードがネットワークに接続している状態を指す。オフラインの場合、マイナーはマイニングをしていない状態であり、フルアーカイブノードやフルノードはトランザクションを検証していない状態となる。

スポンサードリンク