最新の墨汁マガジン

アルタイル(英:Altair)とは・・・

ツイート

イーサリアム2.0の”アルタイル(Altair)”とは、Beacon Chain初の大型アップデートでありハードフォークの名称を指す。アルタイルでは主にETH2バリデータの管理方法が変更され、Inactivity Leakのペナルティ率やバリデータの報酬体系の変更、Slashing Whistleblowerの独立などが主な変更点となっている。またアルタイルはバリデータへの大きな影響として、ライトクライアントの導入準備となっており、将来的にバリデータの運用環境改善が目標となっている。

イーサリアム2.0のマルチクライアントテストネット”Pyrmont”にでは、テストネットの一貫としてアルタイルハードフォークに伴い破棄される。そのためイーサリアム2.0バリデータとしてテストしている場合、新規Beacon Chainテストネットである”プラーター(Prater)テストネット”に移行する必要があるので注意。

スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

Goerliとはイーサリアムのテストネットであり、MedallaやPyrmontなどのイーサリアム2.0テストネットのベースレイヤーとなっている。GoerliテストネットのネイティブトークンはETHではなく、価値を持たないGoETHとなっており、デベロッパーやイーサリアム2.0のステーキングテストを行う場合に必要となる。
Goerliはイーサリアムのテストネットとして使用されていたRopstenが2017年にDoS攻撃を受けたことで、2019年1月31日に新たなイーサリアムテストネットとしてローンチした。RopstenがProof of Workを採用しているのに対し、GoerliはProof of Authorityを採用している。Goerliはイーサリアム1.0クライアントのGethやNethermind、OpenEthereumなど複数のクライアントで参加することができるマルチクライアントテストネットとなっている。