最新の墨汁マガジン

リサーチレポート一覧

Rabbyウォレットとは?Metamaskよりも優れている点と使い方マニュアル

イーサリアムエコシステムにおけるWeb3ウォレットの定番といえばメタマスク(Metamask)ですが、最近はラビー(Rabby)ウォレットを使用する例がDeFi界隈では増えてきていると言えるでしょう。 本稿ではMetamaskの代替えまたは移行先として利用が増えているRabby Walletの特性と使い方、利点や欠点について仮想通貨(暗号資産)投資家向けにわかりやすく解説を行います。

墨汁うまいが考える最適な資産運用戦略とその理由資産を守りつつ増やす方法を考える

投資における最も難しい方法は「資産を守りつつ増やすこと」であるといえ、例えば仮想通貨のイーサリアムやビットコイン、さらに株などは購入して投資することさえできれば案外利益を出すことは可能です。ですがそこで出した利益を更に継続して守ったり、資産を増やし続けることができる投資家はごくわずかであると言えるでしょう。本稿ではこれらの問題を解決するために墨汁うまいが投資家として考える運用戦略とその根拠について仮想通貨(暗号資産)投資家向けにわかりやすく解説を行います。

【完全版】Wormhole($WORM)を採用した全92DeFi/NFT一覧エアドロップを狙うコントラクト利用数を増やす戦略

Solana(ソラナ)とイーサリアム及びL2、EVMチェーンとのブリッジを提供するWormhole(ワームホール)はLayerZeroと強豪するブリッジサービスであり、338億円という巨額の資金調達からHOLEトークンの高額エアドロップが期待されています。本稿ではWormholeの高額エアドロップを獲得するためのソースチェーンのいわゆるソースコントラクトを増やす方法についてわかりやすく解説を行います

【セキュリティ対策】Pt.4″99%が知らない”イーサリアムDeFi/NFTコントラクト検証と確認方法コントラクトリストを使用した安全な利用方法

イーサリアムL2移行の全盛期といえる現在において、新規チェーンにおけるコントラクトの署名は非常にリスクが高いとも言えます。特にzkSync EraやLineaなどのzkEVMでは既存のDeFiプロジェクトの対応がまだまだ少なく、SyncSwapなどの次世代のDeFiプロジェクトが多いことも理由の1つと言えるでしょう。 また高額エアドロップにおける重要な項目として「多くのコントラクトを使う」というものがあり、本稿ではコントラクトリストを活用した高額エアドロップを狙うための安全な使用コントラクトを増やす方法について仮想通貨(暗号資産)投資家向けに解説を行います。

LayerZeroなどのエアドロップ用ソースチェーン管理ツールの使い方

LayerZeroやOrbiter Finance, LayerSwapのようなブリッジプロジェクトのエアドロップではソースチェーンやディスティネーション(ターゲットチェーン)の管理、さらにはソースコントラクトの数が重要となります。 本稿では墨汁うまいが実際にトップ0.2%以下になったLayerZeroの管理方法とOrbiter FinanceとLayerSwapのエアドロップシミュレーションツールについて仮想通貨(暗号資産)投資家向けに解説を行います。

Layer3(レイヤー3)とは?墨汁うまいの高額エアドロップ獲得デイリータスク

2023年はまさにL2の年であるといえ、zkSyncやStarknetなどのzk-Rollupを採用したzkEVMやCarioVMのローンチに加え、CoinbaseのBaseなどのOP Stackがメインストリームとなってきています。 一方であまりにもL2の数が多く、さらにそれに付随するLayerZeroやOrbiter Financeなどのブリッジプロジェクトも無数にあり、どのようにしてL2のエアドロップファーミングに手を付ければいいかわからない状態でもあると言えます。 本稿では墨汁うまいが高額エアドロップを狙うために毎日の”デイリータスク”として行っているエアドロップファーミングについて具体例を含めてわかりやすく仮想通貨(暗号資産)投資家向けに解説を行います。

GicoinPassport(ギットコインパスポート)でスコア20以上を獲得する方法

イーサリアムのzkEVMやOP StackなどのL2、さらにはOrbiter FinanceやLayerZeroなどの高額エアドロップが期待されている一方、シビル問題はより激化しており各プロジェクトはシビル認定の脚切りをより強めてくることが予測できます。 本稿ではこれらエアドロップの条件となる可能性の高い”Gitcoin Passport(ギットコイン・パスポート)”とスコア20以上をはじめかた目指す方法について仮想通貨(暗号資産)投資家向けにわかりやすく解説を行います。

【完全攻略】DeBankとは?エアドロップ獲得戦略とランキング1000位以内に入る方法

仮想通貨のポートフォリオアグリゲーターの”DeBank(デバンク)”は2023年8月にOptimismが提供する”OP Stack”を採用した独自L2チェーン”DeBank Chain(デバンクチェーン)”を発表しました。 これによりDeBankのエアドロップの確率が上昇しており、DeBankエアドロップだけでなく今後のWeb3のオンチェーンリピュテーションを相対的に高めることが可能になると考えられます。 本稿ではLayerZeroやzkSync、これまでのArbitrumやOptimismと異なるDeBankのエアドロップ獲得戦略について仮想通貨(暗号資産)投資家向けにわかりやすく解説を行います。

【2023年版】仮想通貨で億り人になるためのポートフォリオ銘柄を戦略的に考える

現在のイーサリアムエコシステムは仮想通貨投資家がエコシステム外から考えている評価と、実際の実態が大きく異なるほどの急成長を継続していますが、あまり知られていません。次の大きな仮想通貨の高騰となる上昇トレンドにおけるメインストリームをこれらのイーサリアムエコシステムから評価し、戦略的にポートフォリオを組めば次の暴騰相場で1億円の資産を形成することは十分に可能であると言えます。 本稿では2023年8月最新版となる次の仮想通貨高騰相場における1億円の資産を形成するための墨汁うまいが技術的なメインストリームの動向から考えるポートフォリオ戦略について投資家向けにわかりやすく解説を行います。

【完全版】メタマスクのエラー対処法一覧イーサリアムやL2、EVM経済圏での接続できない場合どうすればいいのか?

イーサリアムやL2/zkEVM、EVM経済圏などのイーサリアムエコシステムを使用する場合、必ずといっていいほど必要となるのがブラウザ拡張の”メタマスク(Metamask)”です。このメタマスクはイーサリアムエコシステム上のDeFiやNFTマーケットプレイス、ゲームなどにアクセスするためのブラウザをWeb3ブラウザにすることができる重要インフラとして知られている一方、L2/zkEVM、EVM経済圏が巨大になればなるほど多くのトラブルが出てきており、各種の対処が必要となります。 また大抵の対処法は間違えており、根本的な解決にならないことはあまり知られてないと言えるでしょう。 本稿では実は知られていないメタマスクにおけるトラブルの対処法とそのエラーが出る根本的な原因、解決策について非エンジニア向けにわかりやすく解説を行います。

【完全版】LayerZero導入ONFT”Polyhedra”の全34種類のNFT達成とPandraKingNFTを獲得するやり方

LayerZeroを採用したONFTプロジェクトの”Polyhedra Network(ポリーヘドラ・ネットワーク)”は4つのPandra NFTを介したクロスチェーンブリッジのタスクを開催しており、全28種類のPandra NFTを集めることで発行できるPandra Kingの期限が残り5日となっています。 本稿ではPandra Kingを入手するためのPandra NFTのブリッジ方法と注意点、バグやトラブルへの対処法について仮想通貨(暗号資産)投資家向けにわかりやすく解説を行います。

イーサリアムL2「zkSync/Starknet」のエアドロップ獲得チェック項目

イーサリアムのL2「zkSync(ジーケーシンク)とStarknet(スタークネット)」は2023年内にエアドロップが期待されている有力zkEVMとなっています。本稿ではzkSyncとStarknetの利用すべきコントラクトと、まだエアドロップを行っていないDeFiやNFTで二重にエアドロップが期待できるプロジェクトを一覧として公式TwitterとURLのまとめ、及びチェック項目について詳しく解説を行います。

【完全版】LayerZero(レイヤーゼロ)を採用している91のDeFiとNFT一覧~ZROトークンの最大エアドロップを獲得する戦略~

仮想通貨(暗号資産)におけるLayerZero(レイヤーゼロ)はDeFiやNFTに”オムニチェーンプロジェクト”としてサービス展開を可能とする”(BaaS)Bridge as a Service”を提供するプロジェクトです。 LayerZeroはa16zやSequoia、バイナンスなどの複数のファンドから1.71億ドルもの巨額の資金調達を行っており、ZROトークンの高額エアドロップが期待できる有望ブリッジプロジェクトとしても知られています。本稿では墨汁うまいがリサーチしたLayerZeroを統合している91のDeFi、NFTプロジェクトの一覧とZROトークンを最大数エアドロップ給付金として獲得するための戦略、シビル攻撃として認定されないために具体的にやるべきことについて投資家向けにわかりやすく解説を行います。

zkSyncの”ZKSトークン”エアドロップ獲得戦略トランザクション実績を稼ぐには?

イーサリアムL2でzk-Rollupを採用したzkEVMである”zkSync(ジーケーシンク)”はStarknet(スタークネット)やLinea(リネア)と同様に2023年から2024年にかけてエアドロップが期待できる有望チェーンとなっています。 本稿ではzkSyncのZKSトークン=仮名の最大エアドロップを得るための獲得戦略についてわかりやすく解説を行います。

イーサリアムL2″スタークネット(Staknet)”のSTRKエアドロップ獲得戦略Argentとは?

イーサリアムのL2でzk-Rollupを採用したzkEVMの1つ「スタークネット(Starknet)」はガバナンストークンであるSTRKトークンを既に発行しており、利用者に対してのエアドロップが期待されています。 本稿ではzkEVMの本命の1つであるスタークネットにおけるSTRKトークンのエアドロップを最大に獲得するための詳しい戦略についてわかりやすく解説を行います。

ConsensyszkEVMの”Linea”エアドロップ獲得戦略イーサリアムzkEVMの最大給付金を狙うには?

【非エンジニア向け】イーサリアムステーキングのWithdrawalCredentialsを0x01に変更するやり方マニュアル32ETHを引き出す手順とは?

【マージ対応】イーサリアムのBeaconNodeとETH1エンジンのエラー別対処法一覧

イーサリアムのマージ(The Merge)から32ETHをステーキングしているETHバリデータは運用方法が大幅に変更が加えられており、各バリデータは自己の知識を元に対応をする必要があります。 一方で非エンジニアや投資家には要求が非常に高いため、エラー(ERROR)やWARNなどが表示されて、Beacon Nodeが起動できなかったりアテステーション(Attestation)やブロックプロポーズができないなどのエラーが表示されることがあるでしょう。 本稿ではよくあるエラー例を元に、その原因について解説し対処法を一覧でわかりやすく解説を行います。

【マージ対応】イーサリアムステーキングのバリデータ運用BeaconNodeとETH1エンジンの起動方法

イーサリアムのマージ(The Merge)からは32ETHをステーキングしているバリデータの運用方法が変わり、Beacon Node及びETH1エンジンの起動と接続方法も変わります。2022年9月15日以降はノード自体もコンセンサスレイヤーのETH2(PrysmやLighthouseなど)と実行レイヤー(GethやNethermindなど)両方が必要となり、Infuraが使えなくなるとイーサリアムファンデーションは発表しているのです。 本稿ではさらに難易度が上がったバリデータ運用についてコマンドや英語がわからない非エンジニアの投資家向けにわかりやすく実例を元に解説を行います。

【セキュリティ対策】Pt.3″99%が知らない”イーサリアムDeFi/NFTコントラクト検証と確認方法Solidityの背景から理解するUniswapの動作

1
2 3 次へ