最新の墨汁マガジン

エンドポイント(英:Endpoint)とは・・・

ツイート

イーサリアム2.0のエンドポイントとは、Gethなどでイーサリアムのブロックチェーンデータを同期しているETH1のノードを指す。イーサリアム2.0のステーキングにおいて、ETH1のエンドポイントはBeacon Nodeを起動するため必要であり、GethでFast同期するかInfuraなどでイーサリアムメインネットのエンドポイントを用意しなければならない。

エンドポイントはBeacon Nodeの起動に常に必要であり、イーサリアム2.0でバリデータとしてBeacon Chainに参加するために32ETHをステーキングする前に用意する必要があるので注意。

スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

イーサリアムのWETHとはWrapped ETHの略である。WETHはERC20に準拠したトークンで、1ETH=1WETHにペッグする。DeFiまたはDEXで取引所などの中央集権リスクを持つサービスを使用することなく、非中央集権にレンディングや売買が行えるようにするためのトークン。ETHはERC20トークンには準拠していないため、一度WETHに変換することでDEXやCompound、Maker DAOで使用する。
Uniswapでは流動性マイニングに使用されるETHがWETHへWrapされている。2020年11月現在、WETHの発生系となるWBTCやrenBTCなどがCurveやUniswapで使用されており、イーサリアムへのインターオペラビリティが実現している。
WETHのコントラクトアドレスは0xC02aaA39b223FE8D0A0e5C4F27eAD9083C756Cc2であり、現在は700万ETHがWETHとして発行されている。