最新の墨汁マガジン

Randomness Beacon(日:ランダムネスビーコン)とは・・・

ツイート

イーサリアムのRandomness Beaconとはイーサリアム2.0のBeacon Chainで得る乱数を生成するRANDAOのような「誰にも予想ができず、操作もできない乱数を定期的に生成するサービス」を指す。乱数の生成は一見平等に見えるが実は非常に複雑な問題を抱えており、この平等な”Randomness Beacon”をブロックチェーン上で実現するのは非常に難しい。

イーサリアムの開発ロードマップの一つであるThe SplurgeではRANDAOが提供しているRandomness BeaconをVDFを導入することでより分散されたセキュリティの高い乱数を得ることで、バリデータのコミッティ選出やShardingへのアサイン問題などを解決する。

関連用語 : VDF Beacon Chain RANDAO VDF
スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

イーサリアムDeFiのフロントランニングとは、イーサリアムやビットコインのような透明性の高いブロックチェーンの特性を利用した攻撃の一種。フロントランニングは金融用語で通常は使われ、例えば仮想通貨取引所のようなユーザーの取引が約定する前に事前に知ることができる場合、その取引より先に利益の出る取引を先行して行なうことで利益を出すことを指す。
金融商品取引法でこれらの行為は禁止されており、主に証券会社などのブローカーが行う違法行為として知られている。一方でDeFiでは他のユーザーが利益をかすめ取る行為であるため、禁止することが非常に難しい。一方でFlashbotsによるFlashbotsオークションなどによって、このようなフロントランニングとMEVによるガス代高騰を対処する方法なども取られている。