最新の墨汁マガジン

Ethereum1.xとはなにか?~イーサリアムエコシステムから見る今後~

コンテンツの概要
文字数 : 約13,000文字
ページ数 : 約33ページ

イーサリアムというと、よく「スマートコントラクト」や「ワールドコンピュータ」と聞きますが、その実態を理解できる説明を探すのは困難であると言えます。「技術はすごいけどいまいちわからない」というのがイーサリアムの一般的な認識であると言えますが、Ethereum 2.0すなわちイーサリアムの完成版となるセレニティへの移行までの重要な開発などを理解するには、現在のEthereum1.0を理解しておく必要があると言えるでしょう。
また、DEVCON4で行われたプライベートミーティングで内容が明らかとなったEthereum 1.xは今後のイーサリアムにおいてとても重要なアップグレード内容であり、現在のイーサリアムエコシステムと比較することでその重要性を理解することができます。

本稿では、非技術者でも「イーサリアムを理解する」ということを念頭に、Ethereum 2.0へ移行までの重要なポイントを抑え、今話題のEthereum 1.xについて詳しくリサーチを行いました。本稿で現在のイーサリアムエコシステムを理解でき、今後の将来性についてイメージができます。

コンテンツの主題
ETH経済
プログラム
仕組み
目次
  • 1.イーサリアムはステートマシン
    • 1-1.状態遷移
    • 1-2.ETHとステートマシンの関係
  • 2.EVM(Ethereum Virtual Machine)
    • 2-1.SolidityとEVMコード
    • 2-2.OPCODEの”マイナーアップグレード”
    • 2-3.EVMとイーサリアムの抱える問題
      • 2-3-1.GHOSTプロトコル
      • 2-3-2.256bitの利点と欠点
  • 3.非中央集権ストレージ”Swarm”とブロックチェーンサイズ
    • 3-1.IPFS
      • 3-1-1.BitTorrentとP2P
      • 3-1-2.HTTPの利点とSPOF
    • 3-2.DHT(Distributed Hash Tables)
    • 3-3.非中央集権ストレージ”Swarm”
  • 4.巨大なイーサリアムエコシステム
    • 4-1.ワールドコンピュータのオーバービュー
    • 4-2.既存システムとの融合
  • 5.Ethereum 1.xとは?
    • 5-1.次世代のEVM”eWASM”
      • 5-1-1.eWASMの利点
      • 5-1-2.開発と実装状況
      • 5-1-3.実装後の”副次的な影響”
    • 5-2.イーサリアム上でのRentと”ステート”
      • 5-2-1.ノードを建てるインセンティブ
      • 5-2-2.ノードの中央集権リスクとRentの前進
    • 5-3.コントラクトとアカウント増加のスケーリング
      • 5-3-1.ステートの推移から見える問題
      • 5-3-2.イーサリアムにおけるRentモデルとEIP-169
  • 6.結論と考察
*ここから先はオンラインサロン会員専用です