最新の墨汁マガジン

2019年2月仮想通貨資金流入マーケットレポート

コンテンツの概要
文字数 : 約4,000文字
ページ数 : 約30ページ

仮想通貨はブロックチェーンの特性により、誰しものが送金を確認できるという透明性というメリットを持ちます。これは本来株式や為替ではわからない機関投資家などの送金や出金を知ることができ、リップル社のOTCでの売却までをも確認することができます。
本稿では1月のマーケットリポートから更に改良し、インターネット上では見られない蓄積されたデータを基により綿密な分析を行っています。

このレポートでは、仮想通貨市場の全体的な相場の転換点などをデータを基に学べ、ビットコイン、イーサリアム、リップルの市場性質を正確に知ることができます。

コンテンツの主題
価格影響
傾向と対策
市場分析
目次
  • 1 1.ビットコイン2月の入出金マーケット分析
    • 1.1 1-1.ビットコインは依然中国関連の売りか?
    • 1.2 1-2.Bitfinexでの需要も増加し世界的に分散
    • 1.3 1-3.資金流出から分析するビットコイン
  • 2 2.イーサリアムの2月入出金マーケット分析
    • 2.1 2-1.マイナーの強い影響と意識的レジスタンス
    • 2.2 2-2.ETHの価格は流出入により懐疑的なことがわかる
    • 2.3 2-3.USDの資金流出入から見えるイーサリアム相場
    • 2.4 2-4.ETHに定義できるレジスタンスを分析
  • 3 3.リップル(XRP)2月入出金マーケット分析
    • 3.1 3-1.2月にエスクローにロックされたXRP
    • 3.2 3-2.2月のリップル社の売却総数
    • 3.3 3-3.OTCとは別のXRP売り圧
    • 3.4 3-4.Bittrexからの不信な大量XRP送金

*このレポートは会員専用の取引支援ツールをベースに仮想通貨マーケット分析を行っています。いろいろなデータを自身で確認したいとい方は、下記を参照してください。

 

1.ビットコイン2月の入出金マーケット分析

ではまずはビットコインからみていきましょう。

 

1-1.ビットコインは依然中国関連の売りか?

2月の大口によるビットコイン売却目的とみられる

*ここから先はオンラインサロン会員専用です