最新の墨汁マガジン

イーサリアム2.0ステーキングローンチパッドの使い方完全マニュアルデポジットコントラクトへ32ETHをステーキングする

コンテンツの概要
文字数 : 約6,500文字
ページ数 : 約50ページ

イーサリアム2.0の32ETHステーキングは予定通り2020年11月5日に開始し、デポジットコントラクトがイーサリアムメインネット(レガシーチェーン)にデプロイされました。イーサリアム2.0フェイズ0のBeacon Chainの起動は、最短で2020年12月1日21時となっており、現在は32ETHを事前にステーキングする準備段階となっています。
イーサリアム2.0でステーキングを行うには、イーサリアムファンデーション公式のUIであるローンチパッド(Launch Pad)を使用する必要があります。テストネットの頃と比較すると、ステーキングは非常にやりやすくなってはいますが、コマンドラインや英語が必須となるため、非エンジニアには難易度が非常に高いと言えます。
本稿では非エンジニア向けの一般ユーザーがローンチパッドを使用して32ETHをステーキングするための注意点ややり方、エラーの対処法などを詳しく画像とともに解説を行います。

コンテンツの主題
実演
傾向と対策
32ETHステーキング
目次
  • 1 32ETHステークのローンチパッドとは?
  • 2 Pyrmontテストネットでテストする
  • 3 イーサリアム2.0ステーキングへの同意
  • 4 ETH1ノード(Geth)を建てる
  • 5 イーサリアム2.0クライアント選択
  • 6 ETH2デポジットコントラクトのCLIアプリをダウンロード
  • 7 必要な事前準備
  • 8 ETH2デポジットデータとKeystoreを生成するやり方
  • 9 PermissionError「Failed to execute script」の原因と対処方
  • 10 32ETHデポジットデータをアップロード
  • 11 ETH2デポジットデータがアップロードできない場合
  • 12 イーサリアムステーキング前の確認
  • 13 デポジットコントラクトに接続する
  • 14 32ETHをステーキングする
  • 15 Pyrmontテストネットで行う場合(追記)
  • 16 GoETHで32ETHを入手する
    • 16.1 Goerli ETHのファウセット
    • 16.2 PrysmでGoETHを入手
  • 17 Pyrmont ETH2ローンチパッド(追記)
  • 18 墨汁うまいに質問をする

32ETHステークのローンチパッドとは?

イーサリアム2.0のローンチパッド(Launch Pad)とは、イーサリアム2.0のステーキングにおいてデポジットコントラクトを使用するためのインターフェイスを指します。32ETHをステーキングするにはローンチパッドを使用する必要があり、イーサリアムファンデーションが提供している公式のインターフェイスとなります。

ローンチパッドの公式URLは「launchpad.ethereum.org」となっており、フィッシングや詐欺サイトに注意してください。不安な場合はイーサリアムファンデーション公式ツイッターのツイートからアクセスしましょう。

 

 

ドメインはイーサリアムファンデーションの公式であるethereum.orgのサブドメインとなっており、それ以外はフィッシングの可能性があるので必ず確認しましょう。

 

イーサリアム2.0フェイズ0におけるバリデータのリスクについては墨汁マガジンVol.499「32ETHステーキングの4つの大きなリスク イーサリアム2.0バリデータの必須知識」を参照してください。

 

Pyrmontテストネットでテストする

2020年11月18日、Medallaテストネットの後継にあたる”Pyrmont(ピルモント)”テストネットが実装されました。PyrmontテストネットはMedallaテストネットと同様に、Goerliテストネット上に展開しているイーサリアム2.0のテストネットになります。イーサリアムメインネット上で32ETHステーキングを行う前に、Pyrmontテストネットで32GoETHをステーキングテストを必ず行うことを推奨します。

Pyrmontテストネットでテストする場合には下記を参照してください。

 

 

イーサリアム2.0ステーキングへの同意

*免責事項:イーサリアム2.0における32ETHのステーキングで操作ミスやバグなどによりETHが失われても自己責任となります。Keystoreとニーモニックフレーズのバックアップ、URLの確認など注意しておこなってください。

 

ではまずローンチパッドにアクセスしたらURL(launchpad.ethereum.org)①が正しいことを確認し、「Get Started②」をクリックしましょう。

 

 

ここではイーサリアム2.0でステーキングする場合、確認事項となるスラッシュリスクや32ETHの引出しなどの注意事項に同意を行います。本稿では全てを理解していると仮定し、「Confirmation③」に進むまで④をクリックしましょう。

 

 

ETH1ノード(Geth)を建てる

2020年11月現時点ではイーサリアムレガシーチェーン上にBLS署名が実装されていないため、32ETHをステーキングする場合にはETH1のノードを建てる必要があります。イーサリアムクライアントを選択肢でき、

 

・Geth

・OpenEthereum(元Parity)

・Besu

・Nethermind

 

から選ぶか、InfuraなどのIPFSを利用する必要があります。ここではイーサリアムファンデーションが開発していて、最も安定している「Geth⑤」を選択します。

また32ETHのステーキング自体にはGethは使用しないので、あとでも問題はありません。

Check

 

 

イーサリアムクライアントであるGethインストールのやり方についてはリサーチレポートの「イーサリアムKeystoreを安全に管理する Gethでアカウントを作成する方法」を参照してください。

 

イーサリアム2.0クライアント選択

Gethをダウンロードし、インストールすることができたら画面を下にスクロールさせ、「Continue①」をクリックしましょう。

 

Gethをインストールしたあとはイーサリアム2.0のクライアントの選択となります。イーサリアム2.0のクライアントは8クライアントほどありますが、メインネット実装を行えており安定稼働するのは現時点では

 

・Teku

・Prysm

・Lighthouse

・Nimbus

 

の4クライアントとなっており、②から選択しましょう。

このイーサリアム2.0クライアントの選択もGethと同様に後ほどBeacon Nodeとバリデータクライアント起動時に使用するため、現時点ではインストールしなくても問題ありません。

Check

 

選択したら「Continue③」をクリックして次に進みます。

 

 

ETH2デポジットコントラクトのCLIアプリをダウンロード

ではここからが重要な32ETHステーキング前準備段階になるので、慎重に行ってください。まずイーサリアム2.0のKeystoreとJSON形式のデポジットデータ(Deposit Data)を生成するためのCLIアプリをダウンロードします。まず登録するバリデータ数を④(32ETHごと)を入力(ここは入力しなくてもあとで変更可能)し、複数のバリデータである”マルチバリデータ”を行う場合には1以上を入力します。

 

 

マルチバリデータとしてステーキングを行うには

*ここから先はオンラインサロン会員専用です