最新の墨汁マガジン

ビットコインETF完全把握マニュアル~SEC委員会の傾向分析と対策~

コンテンツの概要
文字数 : 約17,000文字
ページ数 : 約36ページ

ビットコインETFの大本命、Cboeが上場と取引提供のために申請したVanEck SolidX Bitcoin Trustが現在SECによって審議中です。
ビットコインETFの承認については、多くの誤解があり、正確な把握を行うことは難しい現状です。本稿では、前半でCboeが上場申請したETFの内容を詳しく紹介し、なぜVanEckがビットコインETFを上場しようとしたのかを分析。中盤ではビットコインETFの審議の過程を合衆国法典を参照しながら紐解き、正確なタイムスケジュールとルールを把握できます。
後半2017年3月のウィンクルボス兄弟のビットコインETF否決から今までの軌跡をたどり、承認確率を算出。またSECの体質と、審議を判断するコミッショナーの考えや傾向、任期から見える影響を考慮し、ETF審議結果発表時の傾向と対策を詳しく解説しており、ビットコインETFを完全に理解できるレポートです。

コンテンツの主題
SEC分析
傾向と対策
合衆国法典
目次
  • 1.ビットコインETF
    • 1-1.SolidXとVanEck、Cboeの背景
    • 1-2.Cboeの上場申請したETFの概要
      • 1-2-1.リスク管理と物理的なバックアップ
      • 1-2-2.機関投資家保護のための保険
  • 2.ETFジャイアントのVanEckとビットコインの関係性
    • 2-1.VanEckと金の歴史
    • 2-2.ビットコインETFに対する思惑
  • 3.ビットコインカストディサービス
    • 3-1.インフラ構築と世界的動向
    • 3-2.Coinbaseの不穏な動きとその理由
    • 3-3.Cboeビットコイン先物とETF
  • 4.Global LiquidityとビットコインETF
    • 4-1.財政の安定性と国際協議の論点
    • 4-2.ビットコイン取引比率
  • 5.KYCとAML規制
  • 6.合衆国法典とビットコインETFの審議手順
    • 6-1.1度目の審議延期
    • 6-2.2度目の審議延期と聴聞会
    • 6-3.最終審議期間
    • 6-4.ビットコインETF否決の発表
    • 6-5.分析から見えてくるSECの傾向と今後
  • 7.SECの審議傾向
    • 7-1.SECの体質
    • 7-2.1/5票という承認審議の意見と根拠
    • 7-3.コミッショナーの任期と性質による審議の影響
  • 8.ビットコインETF承認結果発表前の対策
    • 8-1.価格は折込済みか?
    • 4-2.過去のETF相場の騙しと犯人
  • 9.結論と考察
    • 9-1.ビットコインETF審議機関と時間経過
    • 9-2.中期国債ファンドから見る承認後の展開と承認確率
*ここから先はオンラインサロン会員専用です