最新の墨汁マガジン

テクニカル分析講座Vol.1ビットコイン専用の取引環境を構築する

コンテンツの概要

ビットコイン取引では、FXや株と違ったリアルタイム情報を得たり、よりトレード環境を柔軟にすることが可能です。本稿では墨汁うまいが実際に使用しているトレード環境と、リスク回避を前提に、取引以外でトレーダーがどのように立ち回る必要があるかについて詳しく解説。

目次
  • 1 1.ビットコイン取引の専用環境を構築する
    • 1.1 1-1.固有機能を利用し無駄な時間を削減
      • 1.1.1 1-1-1.bitFlyerでのリスク回避
      • 1.1.2 1-1-2.板読み支援と妨害BOT対策
    • 1.2 1-2.仮想通貨特有のトレード支援情報をリアルタイムに得る
  • 2 2.墨汁がおすすめするフォローすべきTwitterアカウント
  • 3 2.市場の動向をリアルタイム監視
    • 3.1 2-1.画面を”節約”する
    • 3.2 2-2.ベアトラップ回避
  • 4 3.追記 各種設定
    • 4.1 3-1.仮想通貨分析によく使用しているインジケータ
    • 4.2 3-2.比較チャートを見やすく設定する
    • 4.3 3-3.比較するのに便利なチャート
    • 4.4 3-4.価格変動のモニタリング
      • 4.4.1 3-4-1.追加方法
    • 4.5 3-4-2.Trading Viewの裏技
      • 4.5.1 3-4-3.便利なリスト一括表示
  • 5 4.トレードに使用するツール
    • 5.1 4-1.ビットコイン
    • 5.2 4-2.イーサリアム

1.ビットコイン取引の専用環境を構築する

通常インターネットを使用する際には、各自のお気に入りのブラウザが存在するでしょう。代表的なのはGoogle Chromeや備え付けのSafariなど様々です。私が取引を行う場合には、トレード用、普段使い用と分けています。

そうすることで余計な表示を除外し、快適な環境で取引をすることができるからです。普段遣いはChrome、トレードはVivaldiを使用しています。

ではなぜChromeではなくVivaldiなのでしょうか?答えは簡単でGoogleの拡張機能をそのまま使用でき、かつ動作が軽いからです。トレーダーのように、多くの画面を開く場合には、動作の思いChromeであるとCPUやメモリを大量に消費します。

またVivaldiでは「ジェスチャー」を設定でき、簡単にいろいろな動作を行える優れものです。ではダウンロードを行ってインストールしてみましょう

https://vivaldi.com/?lang=ja_JP

上記からダウンロードまたは「Vivaldi」と検索

1-1.固有機能を利用し無駄な時間を削減

次にVivaldiの便利なジェスチャー設定を行います。

*ここから先はオンラインサロン会員専用です