マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.59「Telescopeの買収とBitmainのBCH市場影響」

目次
  • 1 1.Bitmainとビットコインキャッシュの根強い関係性
    • 1.1 1-1.Telescope買収の背景
    • 1.2 1-2.セキュリティ対策と資産管理
    • 1.3 1-3.Bitmainとビットコインキャッシュの関係性
  • 2 2.リップルのテクニカル分析
    • 2.1 2-1.チャートに反する可能性を探る
    • 2.2 2-2.SWELL効果
    • 2.3 2-3.市場警戒の必要性とその理由
  • 3 3.SWELL2日目の影響
    • 3.1 3-1.SWELLの影響
    • 3.2 3-2.世界市場におけるビットバンクのシェア率がもたらす影響

1.Bitmainとビットコインキャッシュの根強い関係性

Bitmainが、ビットコインキャッシュウォレットを提供するTelescopeの買収を発表。

 

1-1.Telescope買収の背景

このTelescopeはブラウザベースで、ChromeまたはFirefox上で使用でき、ビットコインキャッシュのトランザクションを簡易に利用できるというものです。今回の買収で、今後他のプラットフォームでの展開を行う、とプレスリリースで述べています。

 

1-2.セキュリティ対策と資産管理

ビットコインキャッシュの支払いサービスBitPayとmoneybutton.comというスタートアップ協力のもと、ブラウザ上に拡張機能として暗号キーを保存し、ブラウザでトランザクションに直接署名するというものです。この場合、秘密鍵がブラウザに保持されているということになるので、ユーザビリティが向上するものの、そのセキュリティ上の扱いがネックとなることから、ビットコインキャッシュユーザーは、使用する際には支払いに使うある程度の金額のみを置くことを私は推奨します。

クローム拡張ウォレットで圧倒的シェアを誇っていたJAXXは、同様の拡張機能でハッキングにあい、CEOはその際に「使用する分だけ置いておくウォレットだと考えてほしい」と述べており、これはあくまで資産の管理は自己責任となるからです。

 

1-3.Bitmainとビットコインキャッシュの関係性

Bitmainは香港で2度めのIPOを実施し、公開した資料によると、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索