マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.168 BlockFiのビットコインとイーサリアムの高金利レンディングには要注意

関連タグ
目次
  • 1 1.BlockFiアカウントの使い方
    • 1.1 1-1.BlockFiのKYCと注意点
    • 1.2 1-2.ビットコインまたはイーサリアムをデポジットをする
    • 1.3 1-2.引出しには注意
  • 2 2.BlockFiは本当に安全なのか?
    • 2.1 2-1.実テストとトランザクション確認からわかったこと
    • 2.2 2-2.BlockFiの借りる側の手数料とLTV
    • 2.3 2-3.収益モデルと貸し手側のリスク
  • 3 3.システミックリスクと運用の信頼度問題
  • 4 4.6%の金利は取るリスクより高くない
  • 5 5.まとめ

レンディングプラットフォームのBlockFiが年利6%の高金利BTC&ETHレンディングを提供開始というニュースがありました。過去に日本の取引所でも同様のレンディングを行っていたものの、以上に資金拘束時間が長く、コインチェックとZaifは実際にGOXしてしまったことから、選択肢としてうだつの上がらないものとなっていました。

対してBlockFiの場合、引き出しはいつでも可能であり、金利は月毎の支払いという非常に好条件となっています。

 

 

1.BlockFiアカウントの使い方

まず公式にアクセスします

 

①「GET STARTED」をクリック

 

 

メールアドレス②パスワード(@などの記号を最低一つ入力)③利用規約に同意④reCAPTCHA⑤をしてContinueをします。

この時、アドレスは取引所で使用していないものを使用してください。また、アドブロックを使用していると次へ進めない作りにしてあるので、BlockFi上ではアドブロックの設定をオフにしましょう。

Check

 

登録が成功すると、入力したアドレス宛に6文字の確認コードが来るので、それを入力します。

 

 

認証が完了すると、下記のページでレンディングする通過を選択します。公式ではライトコインも対応とありますが、原時点ではビットコインとイーサリアムのみで、ビットコインは最低デポジット1BTC、イーサリアムは最低デポジット25ETHとなっています。ここではイーサリアムの「DEPOSIT」⑥選択してみましょう

 

 

1-1.BlockFiのKYCと注意点

 

ここからKYCが開始します。INDIVIDUAL(個人)が選択されていることを確認し、Conutryで日本を選択しないと県の選択ができません。

電話番号は0からはじまる11桁を入力します。

(KYCといっても、住所は都道府県までしか確認されず、電話番号は確認されません)

 

入力が終わると、アカウント作成をしているのか、1~10分ほど時間がかかります。更新するなとありますが、他のタブを選択しても問題ないようです

設定が完了すると、下記のようにKYC用の免許証やパスポートが要求されます。免許証は日本のものは対応していません。

画像をアップロードは可能ですが、下記のように画像が見つからないとなり認証できません。

 

パスポートは認証ができたので、パスポートからの確認は即座に終了します。その後各アドレス生成のためか5~10分ほど時間を必要とします。

 

1-2.ビットコインまたはイーサリアムをデポジットをする

KYCが完了すると、もとのデポジット画面に戻るので、ビットコインとイーサリアム両方選択が可能になります。説明文によると、各ユーザーごとにアドレスが生成されます。このアドレスをEtherscanで確認すると、一切の履歴がありませんでした。Wallet AddresまたはQRコードが表示され、自信のウォレットへデポジットする形になります。

 

1-2.引出しには注意

Withdrawを選択すると下記のようなポップアップが出てきます。

引出しの手順として、withdrawls@blockfi.comにメールを送信。通常24時間ほどで行えますが、最大で1週間とあります。ここでの問題は、引出しに”通話が必要”ということでしょう。

企業はアメリカなのでもちろん英語を必要とするので、自信がない場合には敷居が高いと言えます。下記ではメールも対応してるようなので、英語で問い合わせる必要があります。

手順は

 

1.BlockFiが引出し要求を受け取る

2.出金先のアドレスと数量をユーザーに尋ねる

3.電話またはメールでアドレスを承認

4.アドレスが正しいかのテストトランザクションを送金(GOXした場合はBlockFiが負担)

5.BlockFiがブロックチェーン上で確認

6.個人情報の認証を電話で行う(通常は電話とあるのでメールも可?)

7.認証が完了したら、残りの残高を送金

 

将来的にGoogle Authenticatorの2段階認証を実装予定とのことです。上記手順は安全ですが、これでは引出しに時間がかかりすぎますし、非効率的であると言えるでしょう。2FAはアカウントのセキュリティ的にも必須で、手続きを簡略化できるかは不明です。

 

 

 

 

 

2.BlockFiは本当に安全なのか?

最低デポジット数が1BTCと25ETHということは、43万円または38万円を最低限デポジットする必要があるということになります。そのため、まずは実際にテストを行いました。

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索