マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.301 Edgewareの最新情報とEDG送金

目次
  • 1. Edgeware新規テストネット
  • 2. EDGの送金
  • 3. 現在のEDG価格と適正価格を計算する
  • 4. 価値のリザーブは減価償却
  • 5. まとめ

Edgewareは9月15日にイーサリアムのロックドロップによりEDGを配布。同時にEdgewareメインネットをPolkadot上にソフトローンチし、現在バリデータやその他テストを行っています。本稿ではEdgewareの最新の動向と送金、売却時の戦略などについて解説を行います。

 

Edgewareのウォレットやアカウント復元手続きをまだ行っていない場合、下記講座にてEdgewareの復元手続きを解説しています。

 

Edgeware新規テストネット

先週Edgewareはバリデータやデベロッパー、コミュニティエコシステム全体で話し合いが行われました。今週中にEdgewareの新しいテストネットをローンチ予定であり、現在のメインネットはイーサリアムのオリンピックと同様で、Edgwareのバグやバリデータの行動などのテストを行っている状態です。

イーサリアムのCasperと同様のスラッシュプロトコルを導入しているEdgewareは、現在のメインネットではバリデータのペナルティがない状態であるものの、正式ローンチとなった時には不正な行動にはペナルティが課されます。Edgewareでバリデータを行う場合には気をつけておく必要があるでしょう。

 

ソース:https://docs.google.com/document/d/1KU0XnNb5FtIvkPZy2S1RzssMQ6o84GTsd_umYLVzKQY/mobilebasic

EDGの送金

EDGの送金は、Edgewareが

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索