マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.300「Bakktビットコイン先物の仕組み ~マージン取引編~ 機関投資家が選ぶ理由」

目次
  • 1 BakktのHedge Initial Requirementとは?
  • 2 Speculative Initial Requirementとは?
  • 3 Hedge RateとSpeculative Rateとは?
  • 4 Bakktのレバレッジ倍率とマージンコール
  • 5 まとめ

Bakktのデイリー、マンスリービットコイン先物はどちらもマージン取引を提供しており、Hedge Initial RequirementやSpeculative Inital Requirementなど聞き慣れない言葉が多々あります。仮想通貨メディアもよくわからず直訳しているという現状でしょう。

本稿ではBakktのビットコイン先物の仕組みの決済に引き続き、マージン取引とビットコイン先物の仕組みについて詳しく解説します。

 

BakktのHedge Initial Requirementとは?

Bakktのビットコイン先物マージン取引には、Hedge Initial RequirementやSpeculative Initial
Requirementなど聞き慣れない言葉が多く存在します。

上記だけでなくHedge RateやSpeculative Rateなどもあり、直訳するとヘッジレートや投機レートとなり、より意味がわからないでしょう。

出典:https://www.theice.com/publicdocs/futures_us/exchange_notices/ICE_Futures_US_NewMarginRequirements_20190909.pdf

 

まず仮想通貨で馴染みのあるレバレッジ取引と、Bakktビットコイン先物のマージン取引とは大きな違いがあります。CoindeskのBakkt記事で、Down Payment、つまり頭金という表現がありましたが、間違いです。Hedge Initial Requirementとは

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索