マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.297 Bakktビットコイン先物の仕組み ~決済編~

目次
  • 1. Bakktビットコイン先物と仮想通貨取引所の違い
  • 2. 仮想通貨取引所のビットコイン先物の仕組み
  • 3. Bakktのビットコイン先物の仕組み
  • 4. まとめ

Bakktのビットコイン先物は日本時間9月23日9:00amについにローンチ、Bakktはビットコイン現物で決済されるビットコイン先物であることはすでに知られていると思います。ですが、実際のCFTCの規制下の先物の仕組みはほとんど知られておらず、Bakktビットコイン先物はOKCoinやbitFlyerとは根本的な違いがあるのです。

なぜ機関投資家や大口投資家がBakktを選ぶ可能性があるかは、この仕組を知ることで理解できるでしょう。

 

 

Bakktビットコイン先物と仮想通貨取引所の違い

CMEやCboeのビットコイン先物以前に、OKCoinの四半期やBitMEXによるデリバティブ、bitFlyerのビットコイン四半期、マンスリー、ウィークリー先物などがありましたが、どれも機関投資家やプロトレーダーに向けた商品ではなく、CFDの延長上のような中途半端なものばかりでした。これは金融知識が乏しいものなのか、初心者向けにわかりやすくしているのかは不明ですが、CFTCの規制下であるBakktは

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索