マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.427「イーサリアムフルノードの運用コストとブロックチェーンサイズ」

目次
  • 1 イーサリアムとビットコインのフルノードの違い
  • 2 イーサリアムフルノードの容量
  • 3 イーサリアムフルノードの容量を減らす
  • 4 イーサリアムフルノードの運用コスト
  • 5 まとめ

イーサリアムフルノードは、ジェネシスブロックから最新のイーサリアムブロックまでのデータを保有する重要なノードです。イーサリアムの批判としてよく見られるノードを建てるコストや問題について、多くの場合は正しい知識を有さないことで起きる誤解などが多数あります。

本稿では正しくイーサリアムを理解するため、イーサリアムフルノードの運用やコストについて詳しく解説を行います。

 

イーサリアムとビットコインのフルノードの違い

イーサリアムフルノードを建てるには難しくなく、ビットコインのフルノードとほとんど変わらないコストで建てることができます。異なる点としてはフルノードのストレージであり、ビットコインは1ブロック生成が平均10分であるのに対し、イーサリアムはEVMでのコントラクト実行をメインに開発されたブロックチェーンであるため、1ブロック平均13秒となっています。

その分イーサリアムのブロック数は46倍の速さで進んでいきます。2020年5月末時点でのブロック高は

 

ビットコイン:632,193ブロック

イーサリアム:10,161,524ブロック

 

となっています。つまり、46倍のブロック生成速度を持つイーサリアムのブロックチェーンサイズはビットコインよりも大きく、その分だけストレージコストはかかるということになります。

 

イーサリアムフルノードの容量

現在のイーサリアムフルノードはGethのデフォルト設定で2020年5月末時点で363.5GBとなっています。

 

出典:https://etherscan.io/chartsync/chaindefault

 

ですがこのGethのフルノードサイズはデフォルトであり、セキュリティに必要なサイズは大幅に下げることができます。イーサリアムのセキュリティを十分に保つには

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索