マガジン内検索

週刊仮想通貨まとめテクニカル分析の重要ポイント「米国リセッション定義となるも政府は否定 イーサリアムは市場リードでキーアプローチ」

 

米国リセッション(景気後退)入り

米国は懸念されていたリセッション(景気後退)となる2022年の第1四半期と第2四半期GDPのマイナス成長によりリセッション入りとなったと全米経済研究所は発表。

 

 

このリセッション入りは二期連続でのマイナス成長が従来の定義であり、FRBのパウエル議長はリセッション入りを否定するなどしており、Wikipediaが荒らされるなどの荒れ具合となっています。

リセッション(景気後退)とは?

リセッション(景気後退)とはその文字通り経済成長ではなく景気が下がり気味であることを指し、主なリセッションを引き起こす理由としては金融危機、コロナショックやリーマンショックのような下落イベントなどから引き起こされるとされています。

米政府は否定的ですが、従来の定義ではリセッション入りとなっており、大きなポイントとしては

 

「2022年

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索