マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.321 CMEビットコイン先物オプションの詳細

目次
  • 1. CMEビットコイン先物のインデックス
  • 2. CMEビットコインオプション
  • 3. ビットコインオプションでの利益計算
  • 4. まとめ

ビットコイン先物を提供するCMEは米CFTCの規制下にあるCFDとなっており、ローンチ時から約2200%を超える出来高を記録するほどの大きな需要を得ています。これはビットコインCFDで最も高い出来高を誇るBitMEXに次ぐほどの需要となり、ビットコインの機関投資家や大口投資家の需要が伺えます。

CMEは9月21日に発表していた「ビットコイン先物のオプション」の詳細を公開。これにより機関投資家はさらなる応用したトレードをビットコイン先物で行うことができ、CMEビットコイン先物の影響力がより大きくなるでしょう。本稿ではCMEのビットコインオプションの仕組みや重要性について詳しく解説を行います。

 

まず前提知識としてCMEビットコイン先物の仕組みについて下記マガジンを参照してください。

 

CMEビットコイン先物のインデックス

CMEのビットコイン先物はビットコインの現物価格をベースに決済されますが、このビットコイン価格は主要仮想通貨取引所での価格を平均したインデックスで決済されます。CMEの場合、CME CF Bitcoin Reference Rate通称BRRというビットコインのインデックス価格をベースに決済されます。

BRRはBittamp, Coinbase, itBit, Krake, Geminiの5仮想通貨取引所のビットコイン価格の均等加重平均で算出されます。このインデックスを構成する仮想通貨取引所が多ければ多いほどこのCMEビットコイン先物の価格操作は難しくなるということです。

 

RRは

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索