マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.51 マウントゴックスのビットコイン売却経緯と今後

目次
  • 1. 1.マウントゴックスの2018年タイムライン
    • 1-1. 1-1.債権者集会での決定と行動
    • 1-2. 1-2.民事再生までの売却
  • 2. 2.買い圧と売り圧
  • 3. 3.イーサリアムのテクニカル分析
  • 4. 4.リップルの大量売却

1.マウントゴックスの2018年タイムライン

9月25日、マウントゴックスは3月から6月にかけてのビットコインの売却を発表しました。

ここでは経緯とタイムラインについて詳しく見てきましょう。

 

 

 

1-1.債権者集会での決定と行動

今年3月、35,841BTCの売却以降の売却を発表しています。

2017年9月27日に開催された第9債権者集会で売却が決定し、年末の高騰にかけてビットコインを売却しました。

おおよそ売られたと見られるポイントは、①~④で示しているとおりです。平均単価は106万円で、去年のビットコイン暴落の原因であると言われています。

マウントゴックスの破産管財人である小林氏は

「債権者への返却の最低保証分を確保」

と述べており、その平均単価である106万から、高騰時と下落後に売却していると考えることができます。

 

1-2.民事再生までの売却

今回の発表では、259億円にのぼるビットコイン24,658BTCとビットコインキャッシュ25,331BCHを売却したと発表しました。

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索