マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.150 Compoundがイーサリアム上でDeFiを構築できる理由

関連タグ
目次
  • 1 1.Compoundのインセンティブ
  • 2 2.Compoundが変えたレンディングとDEX取引
  • 3 3.コントラクトと担保という概念

Compoundはイーサリアムを金融活用するDeFi(Decentralised Finance)で、2018年後半からMaker DAOに続き注目されてきました。当サロンではCompoundのコントラクトの使い方を動画で実演し、その際の資産管理リスクなどにも詳しく触れたので記憶に新しいでしょう。

 

まだ閲覧していない方は下記を参照してください。

 

1.Compoundのインセンティブ

ここではCompoundが構築しているエコシステムについて見ていきましょう。現在Compoundにはイーサリアム(イーサリアムをロックして発行するETHにペッグするERC20トークン)、BAT、REP,0xにMakerDAOのコントラクトによってイーサリアムを担保に発行するステーブルコインのDAIの5種類がレンディングできます。

Compoundローンチ時のプレスリリースでは、例えばAugurを使用する際に購入すると価格変動リスクが存在するため、レンディングで使用したりするなどのインセンティブを解説していました。ですが、現状はDAIが年利2.64%、ETHが0.45%となっており、その他のERC20トークンは貸出側に制限がないことから年利はとても低いものとなっています。

 

例えばETHを見てみると、借りる側の年利が7.86%で貸出が0.45%となっており、年間7.41%が胴元に入る形になっています。

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索