マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.171 Aeternity(AE)の独自チェーンに伴う価格影響と移行手順

関連タグ
目次
  • 1 1.Aeternity(AE)とは?
  • 2 2.イーサリアムから独自チェーンへの移行
  • 3 3.AE移行手順と注意点
  • 4 4.AEテクニカル分析
  • 5 5.まとめ

Aeternity(AE)は、2019年3月現在イーサリアムで発行しているERC20トークンで、独自チェーンへと移行予定の新たなブロックチェーンプロジェクトです。

 

1.Aeternity(AE)とは?

AEは独自チェーンに移行後、イーサリアムと同様のチューリング完全なスマートコントラクトプラットフォームとなります。AEによると、イーサリアムのライデンネットワークと同様のステートチャンネルを実装する予定であり、コントラクトをオフチェーンで使用できるとしています。

また、イーサリアムはOraclizeを通して為替や乱数などの外部データをコントラクトに取り込んでいるのに対し、AEはブロックチェーン上でのOracleを提供するとのことです。

 

出典 AE公式:https://aeternity.com/

 

2.イーサリアムから独自チェーンへの移行

独自チェーンへの移行はすでに2018年11月25日から始まっており、4段階にわけて行われます。現在はPhase1が完了しており、2019年の9月までに移行をしなければERC20トークンのままロックされてしまうことになります。

 

出典:https://migrate.aeternity.com/#/

 

AEの市場供給量は273,685,830AEなのに対し、117,070,674.83AEしか移行されていません。つまり原時点では約43%しか移行されていないことになります。

この移行はやり方がわからないや、忘れている、秘密鍵をGOXしたなどの理由で100%は行われないとみられるので、ある意味デフレ原因となると見られます。

 

3.AE移行手順と注意点

移行手順は非常に簡単ですが、注意点があります。

 

手順1:Aeternityアカウントを作成

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索