マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.233「EDGのロックドロップの問題点と将来的な売り圧」

目次
  • 1 現在のEDGとETHのロックドロップ割合
  • 2 非常に多いEDGのシグナルの”ある問題起因の理由”
  • 3 将来的に絶対の売り圧となる
  • 4 まとめ

Edgewareのロックドロップは、ICOと比較してもよりよい手法であると見られるものの、その点すでに見える問題点があります。それは実際に行われているロックとシグナルのデータを参照すると一目瞭然です。

本稿では、このロックドロップの問題点と、EDGを受け取った後の重要な戦略について解説を行います。

Edgewareのウォレットやアカウント復元手続き、EDGの売却手順の解説はレポートの「Edgeware($EDG)を送金して売却するやり方完全マニュアル【2020年8月最新バージョン】」を参照してください。

 

現在のEDGとETHのロックドロップ割合

 

Edgewareの公式ページには、現在のETHのロック数とシグナルの割合が確認できます。現在は約86.6万ETHがロックコントラクトにロックされており、最低3ヶ月はこのETHは売却や移動を行うことができないということです。つまり、もし3ヶ月間ETHをロックした場合には、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索