マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.232 ETHに対するEdgewareロックドロップで貰えるEDGの割合

目次
  • 1. ETHのロックとロックドロップコントラクト
  • 2. コントラクトのリスクと過去の事件を知っておく必要あり
  • 3. 1ETHごとに貰えるEDGの割合
  • 4. Edgewareのシグナルとロックドロップ
  • 5. まとめ

Edgewareは、ETHを一定期間ロックすることで貰えるロックドロップにより、密かに注目を集め、多くのETH保有者がロックやシグナルを行っています。ですが、Edgewareの公開している情報には偏りが多く、不明瞭な点が非常に多いです。本稿では主にEDGのロックドロップに焦点をあて、ETHをロックするべきか、またするならばどの期間を選択すべきかなどを解説します。

 

*Edgewareのロックドロップは9月1日で終了しています。アカウントの復元方法、Edgewareのウォレットは下記講座にて詳しく解説していますので参照してください。

 

Edgewareのアカウント復元はこちら

 

ETHのロックとロックドロップコントラクト

EDGは、ETHを3~12ヶ月ロックすることでEDGをロックすることで、30~120%のボーナスを受け取れ、ガバナンスのシグナルだけの場合、-80%となり、1年後に75%を受け取る形となります。ICOのETH数による購入するという方式から、ETHの価値を裏付けと長期間のロックにより、Edgwareのネットワークを誠実に保つインセンティブにします。

出典:https://edgewa.re/lockdrop/

 

また、早期のETHロック数は、2週間ごとにボーナスが50%から減っていき、ETHのロック数の制限が設けられています。ボーナス的には35%ほどが妥当であると考えられるので、もし行う場合は6月以内がいいでしょう。ですが、このETHのロックには事前に知って置かなければならないことが複数あります。

 

 

コントラクトのリスクと過去の事件を知っておく必要あり

ここで問題となるのは、”ETHをコントラクトにロックすること”です。このETHのロックはイーサリアムメインネット上のコントラクトであり

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索