マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.278 年末に向けたビットコイン相場

目次
  • 1. BakktとビットコインETF
  • 2. Bakktより重要なファンダメンタル
  • 3. ビットコインの今後の重要な展開
  • 4. ビットコインマイナーの損益分岐点
  • 5. まとめ

ビットコインがフェイズ3の初期段階できれいに推移している現在、年末に向けてのトレード戦略を考える必要があります。本稿ではビットコインのファンダメンタルに重点を置いたテクニカル分析を行います。

 

 

BakktとビットコインETF

まずビットコイン界隈が最も注目しているのはBakktの9月23日のローンチでしょう。その後約1ヶ月以内にVanEck SolidXビットコインETFの最終審議が始まることから、一見9月末から10月にかけてビットコイン価格の大幅な高騰や暴落に関係するファンダメンタルのように見えます。

特にBakktは世界初となるCFTCの規制下のもとで現物決済されるビットコイン先物であるため、約1年かかったローンチからも非常に注目されています。おおよそビットコイン相場ではローンチとともに大幅な買いを仕掛けてくると見られるものの、Bakktのローンチは”遅く”ビットコインに対する最大限の影響を与えることができないのです。

 

Bakktの詳細については下記を参照してください。

 

Bakktより重要なファンダメンタル

ここでBakktの問題は9月末にローンチをするという点です。LedgerXのマーケティング重視の動きに対し、Bakktは既存金融の王道を行くスタイルとなり、そのため最も重要な

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索