マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.423「bitFlyerの新たなビットコインCMは仮想通貨バブルを再度呼ぶのか?」

目次
  • 1 ビットコインCMと広告による価格推移
  • 2 ビットコインCM前の資金流入
  • 3 バブルの歴史ときっかけ
  • 4 バブルが生む楽観論とループ
  • 5 第二のビットコインバブル
  • 6 まとめ

仮想通貨取引所やビットコインファンドなどによるビットコインCMは、世界中でも見ることができます。日本では過去に仮想通貨取引所のテレビCMやYoutubeなどの広告で見ることができました。2020年に入りbitFlyerが3年ぶりのCMを開始、日本国内でビットコインCMの先陣を切ったbitFlyerのCMによりバブルが再熱するかに注目が集まっています。

本稿ではバブルの構造と今後の注意点、仮想通貨バブルは再度CMで起きるのかについて解説を行います。

 

ビットコインCMと広告による価格推移

ではまずビットコイン価格の推移とTVCMや新聞広告の歴史について見ていきましょう。2017年5月にbitFlyerがテレビCMを開始し、その4ヶ月後の2017年9月には新聞の全面広告を掲載。

2017年12月には出川氏を起用したコインチェックのCMが開始し、ビットコインが最高値を記録して暴落したことからこのCMから参入した人を”出川組”、2018年2月のビットコイン100万円付近のZaif CMで起用された剛力氏による”剛力組”と呼ばれるようになりました。そしてbitFlyerの初CMから3年ぶりとなる2020年5月、一部地域へのCMとYoutube広告としてbitFlyerのビットコインCMが開始されています。

 

 

ビットコインCM前の資金流入

ではビットコインバブルが開始するきっかけとなった、bitFlyer CMの前の動きはどうであったかを見ていきましょう。重要な指標となったのはbitFlyerの

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索