マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.446「グレースケールビットコイントラストの運用をデータから分析する」

目次
  • 1 マイニングされたビットコイン以上のBTCを購入
  • 2 ビットコイントラストのAUM推移データとチャート
  • 3 保有BTC数の変動データ
  • 4 週毎のビットコイントラストの動き
  • 5 データから見るビットコイン価格とビットコイントラストの関係性
  • 6 まとめ

グレースケールのビットコイントラストは、ビットコインのAUMが半減期後に増加していることで注目を集めています。本稿ではグレースケールのビットコイントラストのAUMなどのデータから、ビットコイントラストの運用について分析を行い解説を行います。

グレースケールビットコイントラストの仕組みについては墨汁マガジンVol.444「グレースケールビットコイントラスト(GBTC)の仕組み Pt.1 ビットコインETFとの違い」を参照してください。

マイニングされたビットコイン以上のBTCを購入

グレースケールのビットコイントラストは、6月中旬に約2万BTCを購入。約2週間という難易度が固定となる1エラ(Era)では約10分に1度ブロックが生成されるので1日に生成されるビットコイン数は、

 

1440分(1日) / 10分 = 144ブロック

144ブロック * 6.25BTC = 900BTC

 

となります。つまり20,000BTCの購入ということは半減期後の現在の新規発行BTC数では約22日分にも当たるのです。

 

 

ではこのデータを実際のAUMとビットコイン価格とデータを比較してみましょう。

ビットコイントラストのAUM推移データとチャート

まずグレースケールビットコイントラストのGBTCはビットコイントラストの仕組みでみたように

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索