マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.484「図解で理解するrenBTCのリスク renVMのプロトコルとダークノード」

目次
  • 1 MPC(Secure Multi-Party Computation)とは?
  • 2 renVMの攻撃は可能か?
  • 3 ダークノードのセキュリティ
  • 4 renVMの動作を図解で理解する
  • 5 シングルウォレット管理は問題ではない
  • 6 まとめ

renBTCを発行するrenVMは、ビットコインで言えばWBTCやimBTC、ドルで言えばUSDCやUSDTの中央集権とのハイブリッドモデルを一新する新たなトークナイズ手法であり、USDTのような運営者の不正によるトークンのペッグ不審をなくすことが可能です。本稿ではrenBTC及び、renProjectが提供する非中央集権カストディアン”renVM”の詳しい仕組みとリスクについて解説を行います。

renBTCとWBTCとの違いについては墨汁マガジン「図解で理解するrenBTCとWBTC発行の仕組みと違い renVMの役割とは?」を参照してください。

 

MPC(Secure Multi-Party Computation)とは?

renVMのアルゴリズムにはMulti-Party Computationが採用されています。Multi-Party ComputationはSecure Multi-Party Computationとも呼ばれ、MPCと略されます。MPCを日本語にすると”秘密計算技術”や”分散計算法”などになり、つまり複数のノードが参加して入力された数値を秘密として保ったまま計算することを目的としています。

renVMのアルゴリズムではRZL MPCを採用しており、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索