マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.274 イーサリアム2.0 イーサリアムが分裂した場合Beacon Chainはどうなるのか?

目次
  • 1. イーサリアム2.0移行時に考えられる問題
  • 2. セレニティでのイーサリアム分裂の可能性は高い
  • 3. フォーク(分裂)後のBeacon Chainの扱い
  • 4. まとめ

イーサリアムのイスタンブールより大きな注目を集めるイーサリアム2.0のセレニティでは、レガシーチェーンの破棄が確定しており、イーサリアム2.0への移行時に非常に高い分裂の可能性が考えられます。これはコンセンサスの違いではなく、利己的なマイナー主導によるものですが、この時Beacon Chainの取り扱いはどのようになるでしょう?

本稿では、イーサリアム2.0移行時のマイナーが引き起こす問題行動のインセンティブと、もしイーサリアムが分裂した際のBeacon Chainの取り扱いについて詳しく解説を行います。

 

イーサリアム2.0移行時に考えられる問題

2020年から開始されるイーサリアム2.0のBeacon ChainへのETHの移行について、どのような問題やリスクがあるかを考えてみましょう。ここでもしイーサリアムクラシックのイーサリアムからのフォークのようなコミュニティとリソースの分裂が起きた場合にはどうなるでしょうか?

 

 

ここでのフォークは、ハードフォークを指すものです。ですが、ビザンチウムやコンスタンティノープルなどのような、イーサリアムのコンセンサスルールを変更し、EVMの調整やETH発行量の調整などのフォークはアップグレードであり、イーサリアムクラシックのようなフォークは分裂となるので、大型アップデートのハードフォークとは異なります。

Check

 

セレニティでのイーサリアム分裂の可能性は高い

まず、イーサリアムネットワークのリソースとコミュニティが今後分裂する可能性として、イーサリアムのインフレーション率の調整が考えられるでしょう。イーサリアム2.0への移行後、現在のマイニングを必要とするレガシーチェーンを破棄することが明確に決まったため、イーサリアムクラシックやビットコインキャッシュと同様にマイナー主導でフォークする可能性があります。

インフレ率を調整するということは、マイニング報酬が減ることになるため、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索