マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.345 イーサリアム2.0(ETH2)フェイズ1 Shardingの利点と欠点

目次
  • 1. ETH2のShardingの概要
  • 2. ETH2フェイズ1の大きな利点と特徴
  • 3. フェイズ1時点での問題点
  • 4. まとめ

イーサリアム2.0(ETH2)のフェイズ1では、Beacon Chain上にShard Chainが実装される予定となっています。このShard Chainには、EVM(eWASM)は実装されていないものの、Shard Chain上でのトランザクションが可能となり、バリデータの登録とファイナリティの付与のみとなるBeacon Chainとは違いETH2を送金できるようになります。

ですがフェイズ1で取引所がETH2を上場するのは難しいとデベロッパーには考えられています。本稿ではETH2を取引所が上場する際に問題となる起因とフェイズ1での利点について詳しく解説を行います。

 

 

ETH2とBETHについては下記マガジンを参照してください。

 

ETH2のShardingの概要

まずフェイズ0ではBeacon Chainでのバリデータ管理と、Beacon ChainのファイナリティをCasperのプロトコルに従い付与します。この時点ではBeacon Chainはイーサリアム2.0においてのシステムチェーかつ、現在のイーサリアムレガシーチェーンとの整合性を持つチェーンであり、デポジットコントラクトから

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索