マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.343 イーサリアム2.0(ETH2)でバリデータがスラッシュ(ペナルティ)されたらどうなるのか?

目次
  • 1. ETH2のスラッシュとは?
  • 2. ETH2バリデータの状態
  • 3. バリデータがスラッシュされた場合
  • 4. まとめ

イーサリアム2.0(ETH2)では、32ETHのステーキングでバリデータになることができますが、Casperのペナルティによってデポジットした32ETHがスラッシュされる可能性があります。本稿では実際にETH2バリデータがスラッシュされた場合、どのような状態になるのか、ETHがロックされるのかについて解説を行います。

 

バリデータのペナルティについては下記マガジンを参照してください。

 

ETH2のスラッシュとは?

まずスラッシュ(Slash)とは、イーサリアム2.0のCasperにおけるプロトコルの一つで、バリデータがBeacon ChainやShard Chainを攻撃しようとした場合や、ファイナリティが確定できないときにCasperを再起動するためのバリデータに対するペナルティであり、DAOとしてPoSチェーンが動き続けるインセンティブとなります。

 

Casperの再起動については下記マガジンを参照してください。

 

このCasperのスラッシュは非常によく考えられており、ただのバリデータのペナルティではなく

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索