マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.354 ビットコイン相場と米国イラン間の悪化は今後どのようになるのか?

目次
  • 1. 米国とイランの第三次世界大戦(WWⅢ)?
  • 2. 米国の殺害の意図とビットコインへの影響
  • 3. ビットコイン相場影響
  • 4. トランプ大統領の意見
  • 5. まとめ

ビットコインは2020年始に下落を開始したものの、現在は1日より価格は上昇して80万円前後を推移しています。これはアメリカとイランとの戦争の可能性が懸念しされており、WWⅢつまり、第三次世界大戦の引き金となる可能性を示唆しているとされています。

本稿ではビットコインと今回の米国の行動がどのように価格影響したかについて、分析と解説を行います。

 

ビットコインと米株やドル円の関係については下記マガジンを参照してください。

 

米国とイランの第三次世界大戦(WWⅢ)?

今回のことの発端は、2020年1月2日に報道されたイランの少将であるQasem Soleimani氏をバグダッドで空爆により殺害した事件です。この報道はイランの国営放送とイラクメディアによるもので、日本での報道は2020年1月3日11~12時となっています。

 

 

Soleimani氏はイランにとって非常に重要な人物で、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索