マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.461「リップル($XRP)の今後トレンドはどうなるのか?ステラと比較するマーケット需要」

目次
  • 1 アルトコイン別の需要
  • 2 リップル(XRP)テクニカル分析
  • 3 リップル今後のポイント
  • 4 ステラ(XLM)テクニカル分析
  • 5 まとめ

イーサリアムの高騰条件であった”アルトコイン相場”はETH価格が4万円を回復したことや、ビットコイン価格が安定していることから2016~7年の第一次アルトコイン相場へと突入しています。本稿ではリップルとステラのマーケットの性質を比較し、今後のトレンドがどうなるかについて分析、解説を行います。

アルトコイン別の需要

まずアルトコイン別の需要の変化についてみてみましょう。ここではまずリップル($XRP)、ステラ($XLM)とイーサリアムの比較をしてみましょう。イーサリアムのドミナンスは2018年8月レベルまで回復しており、2019年中旬からDeFiの需要高騰により盛り返したことがわかります。対してリップルは2018年から2019年にかけては回復基調があったものの、2019年からは下り坂で2020年では2018年末レベルの最低値に迫る勢いでした。

 

 

では個別のテクニカル分析を見ていきましょう。

リップル(XRP)テクニカル分析

リップルがドミナンスシェアを大きく落とした理由は明白で、

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索