マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.413「32ETHをステーキングしてイーサリアム2.0バリデータになる手順と概要」

目次
  • 1 32ETHをステーキングしてバリデータになるまで
  • 2 Beacon Nodeを同期する
  • 3 Beacon Chianのブロック(スロット)生成時間
  • 4 Beacon ChainとShard Chainの違い
  • 5 バリデータのアクティベートとペンディング
  • 6 まとめ

イーサリアム2.0のトパーズテストネットでは、ETH2フェイズ0の実装と同じ実装となっており、32ETHをステーキングする事で様々なテストを行うことができます。本稿では、墨汁うまいがイーサリアム2.0.のバリデータをトパーズテストネットで実際にテストを行った結果を詳しく解説を行います

32ETHをステーキングするやり方についはイーサリアム基礎講座「イーサリアム2.0 32ETHをステーキングしてETH2トパーズテストネットに参加するやり方マニュアル」を参照してください。

 

32ETHをステーキングしてバリデータになるまで

イーサリアム2.0でバリデータになるには、デポジットコントラクトに32ETHをステーキングをすると言うことは既に広く知られているでしょう。イーサリアム基礎講座「イーサリアム2.0 32ETHをステーキングしてETH2トパーズテストネットに参加するやり方マニュアル」で簡単に解説した32ETHステーキング手順ときになるバリデータの詳しい概要についてみて行きましょう。

 

Beacon Nodeを同期する

まずバリデータになるには、自身でBeacon Chainつまりイーサリアム2.0フェイズ0のチェーンをフル同期してETH2の”Beacon Node”を建てる必要があります。このBeacon Nodeは現時点ではフルノードとなります。

ETH2ではスロット(Slots)と名付けられているブロック高(に相当する)は118495スロットを超えており、Beacon Nodeの同期にはSSDでも約2時間〜必要となります。

 

出典:https://beacon.etherscan.io/

 

 

Beacon Chianのブロック(スロット)生成時間

まずETH2のBeacon Chainのブロック生成時間について解説する前に、前提知識として墨汁マガジンVol.398「ETH2バリデータのプロポーザーとアテスター フォークチョイスルールによる合意形成の仕組み」を参照してください。

 

イーサリアム2.0の構造は現在のイーサリアムレガシーチェーンとは異なり、Beacon  Chainのブロック生成時間、つまり

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索