マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.348「イーサリアム2.0(ETH2)フェイズ1で取引所がETH2上場困難な理由」

目次
  • 1 仮想通貨取引所がETH2を上場するには?
  • 2 フェイズ1におけるShard Chainの状態
  • 3 Shardingでの仮想通貨取引のETH2処理
  • 4 まとめ

イーサリアム2.0(ETH2)のフェイズ1では、Shardingの実装によるトランザクションで、一見取引所がETH2を上場すればETH2をETHとは別のトークンとして売買できると考える方もいるでしょう。ですがETH2フェイズ1での取引所の取り扱いは現実問題難しく、価格の乖離以前に売買はできないと考えられています。

本稿ではETH2フェイズ1でなぜ仮想通貨取引所が上場できないのか、対策を取ることは可能なのかについて詳しく解説を行います。

 

ETH2フェイズ1時点でのShradingの問題と利点については下記マガジンを参照してください

 

仮想通貨取引所がETH2を上場するには?

Beacon ChainのデポジットコントラクトへETHをステーキングすると、BETHに変換されてステーキングしたETHはバーンされます。これはBETHからSharding実装のフェイズ1でETH2となり、送金が可能となります。このETH2がShardingでの仮想通貨取引所が上場が難しい根本原因となるのです。

まず構造を見ていきましょう。ETH2は

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索