マガジン内検索

墨汁マガジンVol.606「図解で理解するL2″Rollup”の仕組みPt.2 zkRollupとOptimistic Rollupの違いと利点」

イーサリアムL2ソリューションの”Rollup”には、zk-RollupとOptimistic Rollupの2つが存在します。この2つのRollupのコア技術には一長一短があり、現在メインネットローンチしているArbitrumとOptimismは後者のOptimistic Rollupを使用しており、現状ではzk-Rollupより優勢と言えるでしょう。本稿ではRollupの仕組みに続いて、zk-RollupとOptimistic Rollupの違いと利点について詳しく解説を行います。

 

図解で理解するL2″Rollup”の仕組みシリーズ一覧

 

墨汁マガジンVol.565「L2の3つのコア技術RollupとPlasma、ステートチャンネルの利点と欠点を理解する」

墨汁マガジンVol.604「図解で理解するL2″Rollup”の仕組みPt.1 イーサリアムL2としてRollupが重要視されている理由」

墨汁マガジンVol.606「図解で理解するL2″Rollup”の仕組みPt.2 zkRollupとOptimistic Rollupの違いと利点」

 

zk-Rollupとは?

ArbitrumとOptimismはOptimistic Rollupを使用していますが、DYDX給付金などで話題になったL2のパーペチュアルコントラクトなどを提供するレバレッジDEXの”dYdX”はzk-Rollupを使用しているStarkWareを使用しています。zk-Rollupはその名前のごとく

 

「L2のバッチに暗号学上の証明であるzk-SNARKを利用し、L2のステートルートが正しいことを検証可能にしている」

 

というRollupです。

他にもzk-Rollupを使用しているプロジェクトは

 

・Loopring

・ZKSwap

・zkSync

 

などがあります。

 

zk-SNARKsとゼロ知識証明については墨汁マガジンVol.62「ZcashのSaplingの問題点と匿名送金の落とし穴」を参照してください。

 

zk-Rollupの現状の問題点

zk-Rollupには現状問題があり、

 

「ゼロ知識証明を利用した暗号学であるzk-SNARKsは

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索