マガジン内検索

墨汁マガジンVol.615「The Merge後のイーサリアム2.0とL2の完成形を図解で理解する」

目次
  • 1 図解で理解するL2″Rollup”の仕組みシリーズ一覧
  • 2 イーサリアムのThe MergeとL2
  • 3 The Merge実装後はどうなる?
  • 4 イーサリアム2.0の拡張と展開
  • 5 The Mergeで変わるEVM事情
  • 6 イーサリアム2.0の完成形
  • 7 まとめ

イーサリアム2.0のロードマップはThe Mergeにより、当初の予定とは異なるネットワーク展開となっています。このThe MergeとなるEIP-3675ではイーサリアム2.0の構造が変化することとArbitrumやOptimismのようなRollupを活用したL2が活発になってきていることで、イーサリアム2.0がブロックチェーンで最も複雑で巨大なエコシステムとなるのです。

本稿では2021年10月の最新版のイーサリアム2.0の完成形とネットワーク展開を図解で詳しく解説を行います。

図解で理解するL2″Rollup”の仕組みシリーズ一覧

 

墨汁マガジンVol.565「L2の3つのコア技術RollupとPlasma、ステートチャンネルの利点と欠点を理解する」

墨汁マガジンVol.604「図解で理解するL2″Rollup”の仕組みPt.1 イーサリアムL2としてRollupが重要視されている理由」

墨汁マガジンVol.606「図解で理解するL2″Rollup”の仕組みPt.2 zkRollupとOptimistic Rollupの違いと利点」

墨汁マガジンVol.615「The Merge後のイーサリアム2.0とL2の完成形を図解で理解する」

 

イーサリアムのThe MergeとL2

イーサリアムは本来イーサリアム2.0におけるShradingの実装でイーサリアムチェーンを複数に分割し、さらにArbitrumなどのRollupを利用したL2をその上の改装に展開することでEOSやTRON、BSCのようなセキュリティを下げてスケーリングするモデルとは異なる巨大ネットワークを構築する予定でした。

ですが現在のThe Mergeによるマイニングの廃止とPoSへの完全移行し、さらにL2へのシフトが加速してきていることからThe Merge後にShardingでネットワーク展開する前に高いTPSをL2のみで可能にする可能性が出てきています。現在のマイニングを必要とするイーサリアムではマイナーが自己利益のために利己的に動くのに対し、The Mergeではスラッシュと32ETHのステーキング分が減少するというペナルティと共にネットワークをより誠実に保つインセンティブがあります。

このインセンティブと共にL2でRollupの最終形をSharding実装より前に実現する可能性があるため、The Mergeは非常に重要なイベントであると言えるでしょう。

The Mergeによるイーサリアム2.0の構造については墨汁マガジンVol.600「図解で理解するイーサリアムのETH1とETH2統合”The Merge” Pt.1 今後の重要実装EIP-3675とは?」を参照してください。

 

The Merge実装後はどうなる?

ではThe Merge実装後のイーサリアム2.0のネットワーク展開とL2を含めた最終形態について順を追って見ていきましょう。

まずThe Mergeでは

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索