マガジン内検索

忙しい人のための墨汁マガジンVol.399「イーサリアム2.0(ETH2) CommitteeとブロックプロポーザーへのDDoS攻撃問題」

目次
  • 1 ETH2のCommitteeとは?
  • 2 セキュリティ確保のための最小ETH2 Committee数
  • 3 ブロックプロポーザーに対するDDoS攻撃問題
  • 4 攻撃手段とその結果
  • 5 解決策SSLE(Single Secret Leader Election)
  • 6 まとめ

既に解決された2つのDoSによるアタックベクターに対し、ETH2のBeacon ChainのバリデータではCommitteeに対するDDoS攻撃問題をLeast Authorityの監査では指摘しています。本稿ではイーサリアム2.0のバリデータのCommittee、選出される際のセキュリティ問題と最低Commenttee数の問題などについて詳しく解説を行います。

Least AuthorityのETH2監査とブロックプロポーザー、アテスターについては前提知識として墨汁マガジンVol.398「ETH2バリデータのプロポーザーとアテスター フォークチョイスルールによる合意形成の仕組み」を参照してください。

 

ETH2のCommitteeとは?

まず問題Cを見る前に、Casperにおけるバリデータと基礎プロトコルについて解説を行います。

Committeeとは”委員会”を示す英単語であり、ETH2におけるCommitteeはブロックを提案するバリデータ、すなわちプロポーザーやアテッサーなどのバリデータ達を指します。このCommitteeはRANDAOにより各Epoch

*ここから先はオンラインサロン会員専用です
マガジン内検索