最新の墨汁マガジン

セレニティ(英:Serenity)とは・・・

ツイート

イーサリアムのネットワークバージョン名でイーサリアムの基礎バージョンとなる1.0の新バージョンイーサリアム2.0。メトロポリスの次のバージョン名となり、Beacon Chainを追加することでレガシーチェーンはPoWのままCasperを導入、ShardingとeWASMを導入するフェイズが複数分割されて実装される予定。

最終的にイーサリアム1.0のステートをShard Chain上に移行させ、マイニング報酬を調整し、レガシーチェーンを破棄して完全にCasperへ移行する。

スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

ビットコインやイーサリアムにおけるニーモニックフレーズとは、シードフレーズやパスフレーズなどと呼ばれ、Trezorなどのハードウェアウォレットなどのアカウントを復元する際に使用される11、20、24の英単語を示す。イーサリアムのKeystoreや秘密鍵のように、複製して複数のUSBメモリやHDDなどで管理できる一方、ハードウェアウォレットでのバックアップはニーモニックフレーズによるものになり、このフレーズを紛失してしまうと、仮想通貨のコントロールを失うことになる。
イーサリアム2.0の32ETHステーキング時のバリデータのデポジットでもニーモニックフレーズが生成され、イーサリアム2.0のアカウントを管理する重要なバックアップとなる。