最新の墨汁マガジン

renBTC(日:レンビットコイン)とは・・・

ツイート

DeFiで利用されるrenBTCとは、イーサリアム上で発行されるビットコインを指す。renBTCはWBTCと同様に、ビットコイン価格と1:1となるように発行され、ダークノードによって非中央集権で運用されているrenVMによって自動で発行されるのが特徴。WBTCがBitGOのような企業が行うカストディアンなのに対し、renVMは非中央集権で発行されている。

renBTCの特徴としてWBTCよりも早い発行が特徴であり、renBTCからビットコイン上のBTCへのUnwrapも容易にできる。Curve FinanceやUniswapのような流動性マイニングやイールドファーミングでrenBTCは使用されており、ビットコインに不労所得などのインカムゲインをもたらす利点がある。

2020年11月現在、2万renBTCが発行されており、renVMはその2万BTCの裏付けのビットコインを保有している。

スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

APYとはAnnual Percentage Yieldの略で、年間利回りを指す。イーサリアムのDeFiにおいてはAPRなどと表現されることもあるが、イールドファーミングのブームからAPYが多様されている。流動性マイニングやイールドファーミングのAPYは24時間の出来高をベースに算出されるものや、6時間での年間算出されるものがあり、大きく変動することがある。またイーサリアムのガスなどは考慮されていないため、実質利回りではなく表面利回りとなる。