最新の墨汁マガジン

Optimism(日:オプティミズム)とは・・・

ツイート

Optimismとは?

イーサリアムL2のOptimsimとはオフチェーンとオンチェーンのハイブリッドスケーリングソリューション”Optimistic Rollup”をコア技術として開発したL2ネットワークを指す。Optimistic Rollupを採用し、イーサリアムのDeFiやNFTコントラクトをデプロイできるEVMを実装し、2021年1月に制限を設けたソフトローンチを行い、2021年12月にメインネットローンチを行った。

OptimismはイーサリアムDeFiにおける最大手DEXのUniswapがメインネットローンチ後に利用すると事前に発表しており、Curve Financeなど最大手DeFiプロジェクトが対応している。

 

ガバナンストークン”OP”

競合となるArbitrumにTVLを抜かれるものの、2022年4月27日にイーサリアムL2として初となるガバナンストークン”OP”の発行とエアドロップを発表し、再度話題となっている。2022年6月1日にOPトークンの正式なローンチを発表し、一時14.2ドルを記録。Optimism公式によると第一弾のエアドロップ給付金であるとしており、今後第二弾、第三段とエアドロップが予定されているため、給付金を狙う場合にはL2を利用するといいだろう。

 

Optimismネットワーク情報

チェーンID:10

手数料通貨:ETH

 

類義語 : Arbitrum
関連用語 : Rollup Optimistic Rollup
スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

イーサリアムDeFiでの流動性マイニングとは、UniswapやCurveなどの流動性プールにETHやUSDCなどのアセットをデポジットし、収益を得る行為を指す。ビットコインやイーサリアムのようなPoWにおけるハッシュ計算で報酬を受けることをマイニングというが、仮想通貨界隈では特定の動作に対して報酬が得られる場合、それらを”〇〇マイニング”と呼ぶ慣習がある。
流動性マイニングでは流動性プールに特定の資産をデポジットしてトレーダーが売買できる流動性を提供することで、その際のスワップ手数料を収益として得ることができる。これらの流動性マイニングはUniswapが元祖で、現在はCurve FinanceやBalancerなど、多くの流動性マイニングをすることができるコントラクトが存在する。