最新の墨汁マガジン

zkEVM(日:ジーケーEVM)とは・・・

ツイート

イーサリアムL2のzkEVMとはRollup(ロールアップ)の中でもzk-Rollupを採用したL2ネットワークで実装するイーサリアムL1のEVM互換を持つzk-Rollupネットワーク上のバーチャルマシンを指す。

 

zkEVMとは?

zkEVMはイーサリアムL1のEVMと同様にコントラクトを実行するバーチャルマシンで、zk-Rollupを採用しているL2ネットワークが利用するゼロ知識証明の演算と互換性を持つという特徴を持つ。

Optimistic RollupでのEVM実装は早い段階で行われたものの、ゼロ知識証明をベースとする複雑なzkEVMは2023年3月まで約2年遅れでのローンチに時間を有した。一方でzkEVMではOptimisitc Rollupが実現する500TPSというスケーラビリティを大きく超える2,000TPSを超えるスケーラビリティを持ち、将来的には20,000TPSを超えるとされている。

 

zkEVMのメインネットローンチ

2023年3月末現在、イーサリアムのメインネットには世界初のzkEVMローンチとなった「zkSync Era」とdYdXなどのL2デリバティブ仮想通貨(暗号資産)取引所などで知られる「StarkNet Alpha v0.11.0」、EVM経済圏で知られるPolygon(ポリゴン)の「Polygon zkEVM」などが展開されている。他にもzkEVMで最も期待されているプロジェクトとしてイーサリアムスタートアップのConsensys(コンセンシス)が2023年3月28日にパブリックテストネット公開したConsensys zkEVMこと「Linea」などがある。

 

zkEVMのエアドロップ

Optimistic Rollupを採用したArbitrum(アービトラム)やOptimism(オプティミズム)がARBトークンやOPトークンをガバナンストークンとしてエアドロップしたことから、これらのzkEVMプロジェクトのエアドロップが2023年に期待できるだろう。

類義語 : EVM
スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

仮想通貨(暗号資産)におけるTGEとは「Token Generation Event」の略で、エアドロップにおけるトークンを発行できるようになる日を指す。2024年現在のエアドロップにおいて、エアドロップを発表しても広告のように使えるためTGEの詳細を同時に発表しないことが多い。そのため常にX(Twitter)で最新のエアドロップ情報を追う必要がある。