最新の墨汁マガジン

zkSync(日:ジーケーシンク)とは・・・

ツイート

イーサリアムL2のzkSyncとはコア技術にzk-Rollupを採用しているイーサリアムのL2(レイヤー2)ネットワークの1つを指す。zkSyncには2023年6月現在zkEVMを持たない”zkSync Lite(ジーケーシンク・ライト”とzkEVMを導入した”zkSync Era(ジーケーシンク・エラ)”の2つのネットワークが提供されている。

 

世界初のzkEVM

”zkSync Era”は2023年3月28日にイーサリアムメインネット上にローンチし、世界初のzkEVMを導入したzk-RollupのL2ネットワークとなっている。対してzkSync Lite上ではZigZagのようなパーペチュアルコントラクトを提供するレバレッジDEXなどを使用でき、StarkNetの提供する非zkEVMのStarkExに似たような位置づけとなっている。

 

zkSyncのトークン

zkSyncはArbitrum(アービトラム)やオプティミズム(Optimism)のようにガバナンストークンの「ZKSトークン=仮名」が発行されると予測できるが、2023年6月現在は公式発表はない。そのためエアドロップ開始などのスキャム情報に注意が必要だ。

 

zkSync上のDeFi

zkSync上ではゼロ知識証明の演算と互換性を持つEVMである”zkEVM”を独自開発しており、Optimistic RollupのようにUniswapやCurve Finance、Aaveなどの主要DeFiプロジェクトはまだデプロイされていない。そのため独自のDeFiプロジェクトが多くローンチしており、使用する場合にはラグプルなどの詐欺に注意が必要。

主なDeFiプロジェクトとしてはAMMの”SyncSwap”、”Mute.io”、”SpaceFi”レンディングの”Eralend”、ENSと同様のドメインサービスの”ERA Name Srvice”などが多くのTVLとアクティブユーザーを獲得している。

 

zkSyncへのブリッジ方法

zkSyncへのブリッジ方法は主に下記が主流となっている。

 

・zkSync Era Bridge = 公式ブリッジ

・Move Bridge = SyncSwapのブリッジで公式と互換性を持つ

・Orbiter Finance = 次世代Cross-Rollupブリッジ

・Layerswap = 次世代Cross-Rollupブリッジ

 

スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

イーサリアムL2の”OP Stack”とはOptimistic Rollup(オプティミスティック・ロールアップ)を採用したL2”Optimism”を開発するOP Labsが提供している「L2ネットワークを構築することができるデータ構造(Stack)」を指す。OP Stackは簡単にいえばOptimismが提供する”Rollupの構築基準”であると言える。
Coinbaseの”Base(ベース)”やByBit(BitDAO)の”Mantle(マントル)”などがOP Stackを採用しており、イーサリアム上にL2ネットワークとして展開することができる。
 
OP Stackとは? OP StackとはOptimismのガバナンストークンである”OP”トークンにより維持されるデータ構造であり、採用することによってイーサリアム上にOptimistic Rollupを採用したL2ネットワークを展開することができるブロックチェーン開発データ構造。LayerZeroが”Bridge as a Service”といえるならば、OP Stackは”Rollup as a Service”としてよりL2への展開のための開発負担を減らすことができるという大きな利点を持つ。
OP Stackと同様にMatter Labsが開発するイーサリアムのzkEVM”zkSync”も”ZK Stack”を2023年6月より提供しており、競合するArbitrum(アービトラム)も同様の”Arbitrum Orbit”を2023年6月に発表している。OP StackではBaseやMantleのようなOptimismと同様のEVMでのコントラクト実行プラットフォームだけでなく、NFTマーケットプレイスの”Zora Network”のような採用方式もある。
 
OP Stackを採用したイーサリアムL2一覧 2023年8月現在、OP Stackを採用しているイーサリアムL2の一覧は下記のようになっています。
 
・Base(Coinbase)
・Mantle(ByBit=BitDAO)
・Zora Network
・opBNB(Binance)*テストネット
・Debank Chain(Debank)*テストネット
・Celestia
・Public Goods Network
・Peer Protocol
 
またEVM経済圏のCeloを開発するcLabsはCelo MainnetをOP Stackを採用したL2への移行を2023年7月に提案している。