最新の墨汁マガジン

Optimistic Rollup(日:オプティミスティックロールアップ)とは・・・

ツイート

イーサリアムL2のOptimistic RollupとはL2のコア技術であるRollupの種類の1つで、ArbitrumやOptimistimなどのL2プロジェクトが使用している。Optimistic Rollupはzk-Rollupと異なり、Fraud Proofを使用するためL2からL1への引き出しに時間がかかるという難点があるものの、ガスやコストの安さや技術的シンプルさから現状のL2の有力候補となっている。

2021年に入ってイーサリアムメインネットにArbitrumやOptimismがローンチしており、EVMを実装していうことからCurve FinanceやUniswapなどが既にL2上でデプロイされおり、DeFiを使用できる。

類義語 : Arbitrum
スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

ビットコインやイーサリアムにおけるニーモニックフレーズとは、シードフレーズやパスフレーズなどと呼ばれ、Trezorなどのハードウェアウォレットなどのアカウントを復元する際に使用される11、20、24の英単語を示す。イーサリアムのKeystoreや秘密鍵のように、複製して複数のUSBメモリやHDDなどで管理できる一方、ハードウェアウォレットでのバックアップはニーモニックフレーズによるものになり、このフレーズを紛失してしまうと、仮想通貨のコントロールを失うことになる。
イーサリアム2.0の32ETHステーキング時のバリデータのデポジットでもニーモニックフレーズが生成され、イーサリアム2.0のアカウントを管理する重要なバックアップとなる。