最新の墨汁マガジン

Hybrid Casper FFG(日:ハイブリッドキャスパーFFG)とは・・・

ツイート

Hybrid Casper FFGとはイーサリアム2.0において当初実装される予定であったCasperのコンセンサスアルゴリズムの一つを指す。Hybrid Casper FFGは2018年4月20日にEIP-1011でイーサリアム発明者のヴィタリックにより提案され、バリデータとなるための最低ステーキング数は1500ETH、Epochは50ブロックとし、次に1000ETHに引き下げられたが最終的に実装はされなかった。

Hybrid Casper FFGの名前の由来として、イーサリアムレガシーチェーンにファイナリティをCasper FFGにより付与するというものであり、CasperとEthashのPoSとPoWのハイブリッドコンセンサスモデルであるからだった。Hybrid Casper FFGでは新しいブロックの生成をマイナーが担当し、イーサリアムブロックチェーンのファイナリティをHybrid Casper FFGコントラクトによって決定するというコンセプトであった。

Hybrid Casper FFGが実装される変わりにイーサリアム2.0フェイズ0となるBeacon Chainでは32ETHをステーキングし、イーサリアムレガシーチェーンと平行したシステムチェーンとなるCasper FFGが実装され、2020年12月1日に開始される。

対義語 : Casper FFG
類義語 : Casper Casper FFG
スポンサードリンク

人気仮想通貨用語辞典

DeFiにおけるLPトークンとはLiquidity Providerトークンのことで、UniswapやCurveなどの流動性マイニングを行う場合のLPのポジションを表すトークンを指す。イールドファーミングではこの流動性マイニングのLPトークンをガバナンスコントラクトなどにステーキングすることで、$UNIや$CRVなどのファーミング収益を得ることができる。
LPは流動性提供者のことであり、LPトークンはその流動性提供者が流動性マイニングを行っていることを示すトークンであるという違いがある。